1つの偶然もない・実例

1つ前の記事、この世で起こってることは実は1つの偶然もない、の最近起きた実例を記事にしたいと思います。

ある方のカウンセリングをしたときのことです。

クライアントさんでカウンセリングのみの方は数でいうと少ないのですが、

ホメオパシーのレメディを使う習性からか(?!)、カウンセリングだけでなくバッチフラワーレメディも出してあげると癒しが進むだろうと思うことが多いので、カウンセリングのときはバッチ38種のレメディも車に積んでいきます。

ところがこの日は現場についたら、バッチフラワーを小分けにしてお渡しする”遮光瓶”を持参するのを忘れてしまっているのに気がつきました。

車に積むときに、遮光瓶も入れとこ、とちゃんと意識したのにもかかわらず、です。

あっちゃー、あ、でも、遮光瓶を忘れたってことは、多分、今日はフラワーレメディは必要ないのかも、とすぐに思いました。

けれど実際にカウンセリングをしてみると、心が思ったより膠着してる状態で、これはカウンセリングだけでなくバッチフラワーをお勧めしたいケースでした。

その方がマイボトルで飲み物を持参していれば、そこにバッチフラワーレメディを垂らしてあげれたのですが、あいにくお持ちではなく、どうしようかなと思ったら、

私が未開封のミネラルウォーターボトルを持っていました。

ですので、そのボトルを開封して必要と思われるレメディを垂らし、カウンセリング後もそのボトルの水を少しづつ取ってもらうようにお願いし、終了しました。

そしたら、次の日、その方から連絡がきて、

そのバッチフラワー入りのミネラルウォーターのボトルを、(少しづつ飲むために保管で冷蔵庫に入れてたら)家族の方が間違ってゴクゴクと半分以上も飲んでしまった!(汗)とのことでした。

そこで、やっと、私は自分が遮光瓶を忘れて、バッチフラワーレメディをその方専用の遮光瓶でなく、ミネラルウォーターのボトルで渡すことになったことに合点がいったのでした。

それは偶然ではなく、レメディ入りのお水を飲んだご家族の方も、そのレメディを必要としていたということなのでした。

カウンセリングを受けることになった根源の問題はお聞きしたところ家族全体にも相当に影響を与えていたので、カウンセリングを受けた方だけでなく、冷蔵庫をあけてその水をごくごく飲んだご家族の方も癒しが必要だった、というわけなのです。

そっかー、だから、遮光瓶でなく、あの人にはボトルで渡すことになってたんだ〜

その方法でないと、そのご家族がレメディを飲むということは起こらなかったでしょうからね。

ということで、改めて、偶然はないな、と深く感じ入ったのでした。

何年も前に読んだスピリチュアルな本の中で(誰の本かもタイトルも覚えてませんが)、

この世は、各人の人生の糸が精巧に編まれた1つのタペストリーのようなものだ、というようなことが書かれていました。

そのとき、そのタペストリーの意味がよくわからなかったのですが、

今年になってその意味がわかりました。

上記の出来事でいうと、

私の人生の糸は、バッチフラワーレメディをそのクライアントさんに渡しその家族の方もそのレメディを飲む箇所で、彼らの人生の糸と一緒に織り込まれています、

そしてまた私の糸は違う模様を織り込むために他の方々の人生と絡んでいきます。

クライアントさんの糸やそのご家族の糸は、レメディを飲んだあと、また違う模様を織り込むために他の様々な方の人生の糸と絡んでいきます。

この世 = 全ての人の人生

つまり、この世は、各糸が織りなしてできてるタペストリーのように複雑に絡み合ってるけど全体で1つの作品と言えるのだと思います。

この世を編んでる(創造してる)のは、神さま=大いなる力、創造主、です。

この世の複雑なタペストリー、どんな細部も神さまが製図し作成してるというわけです。

ですので、このタペストリーは完璧で、すべてうまくいってるのだと言えます。

そういう視点で、毎日の出来事をとらえてみると、全てがミラクル〜、

ワクワクします、神様が全て気にかけて仕上げてくれてるので気が楽ですよ〜

↓ 洗濯物干し場のジャリの間に、一輪だけりりしく咲いたスミレ、美しい(肝心の花がピンぼけなのもまた意味がある…汗)。

ーーーーーーーーーーーーー

この記事を読んでも、いいえ、全然気が楽になりません(汗)、という方は、
ご自分への癒しを受け入れたら、気が楽になります。
この記事を読んだのも、偶然ではありません。よろしければ、お手伝いさせてください〜

カウンセリング、ホメオパシー、最近はバッチフラワーも使って癒しをお手伝いしています。

興味を持たれたかたはHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/


1つの偶然もありません

これは、今年になってふかーく腑に落ちて、体感したことなのですが、

あなたに起きてる全てのこと、全て意味があって起こってます。

別の言葉でいうと、創造主、大いなる力=わかりやすく「神」と書きますが、

神さまが全て細部の細部まで起こしてます。

これに気づいたとき、文字通り、Oh my God! オーマイガッ!!でした。

人生で起こる大きな出来事には、意味があったんだと受け取れる方、結構多いですよね。

例えば、この会社に就職できなかったのは、振り返ると実はこういう別の道があったからだ、とか、

あのとき、大病を患ったのは、生活の仕方を改めるように神様が教えてくれたんだ、とか、

あの彼と出会うべく、私はあのときあそこに行くようになってたんだとか…etc.

でも、そういう大きなターニングポイントだけでなく、

実は毎日の生活のどんな細部も、全て意味があって、起こっているのでした。

例えば、私があちらの部屋にいこうとしたら、置いてあった椅子にぶつかって膝を打ちつけたこと、

少し時間に遅れて仕事に向かう一本道の道路で、この日に限ってノロノロと進む老人マークをつけた軽自動車が私の車の前を走ってること、

テニスをしたかった日に雨が降ってできなかったこと…etc..

全て起こるべくして、起こってたんです。

どんな小さなことも、神によって起こされてるのです。

鼻をかもうとしたらティッシュがもうなかった、とか、

お皿を洗ってたら袖が濡れて気持ち悪いとか、

そんなどうでもいいことから人生での転機となる出来事まで、ことの大きさに関係なく同じように意味があり起きてるのでした。

なんで、そんなこと言い切れるの?! といわれても証明できないんですけど(冷汗)、

そう気づいてしまったので、そうとしか言えないです。

それで、それを知ったから、どうなの?、って突っ込まれるかもしれませんが、

それを知った私は、さらに生きるのが楽になりました。

前なら、例えばいつも置いてる場所にモノがなくてイライラして、元に戻してないの、誰?!とか怒っていたのも、あ〜これも意味あってこうなってるんだ、と思うと、イライラしないのです (といいつつ、少しはイライラしますが、汗)。

そういことは神様の意地悪からでなく、なにか意味があってサインとして起こってるからです。

そのサイン に、気づけるなら気づけばいいし、

何の理由かわからないけど、これは意味があったんだって思うと、ありがたいとか、お任せしよう、いう気になるのです。

向こうの部屋に行こうとして椅子で足をぶつけたのなら、

そろそろちゃんと片付けなさい、とか、

気持ちだけが先だって、目の前のことみてないよってサインかもしれないし、

足をぶつけたことで、ここに椅子置いたの誰よーっ!て怒るのは(苦笑)少したまってきてた別の怒りをださせるためのガス抜きの機会だったかもだし、

足をぶつけて、そこで足をさすったり怒ったりしたことで少し時間がとまったので、玉突き的にその後にでかける時間が2、3分遅れて、それで事故にまきこまれなかったとか、信号にひっかからずにスムーズに行けたとか、そんなこととつながってるかもしれない。

何で起きてるかいつもわかるわけではないのだけど、とにかく、これらの小さな出来事からとても大きな出来事まで、私が起こしてるんじゃなくて、大きな力が動かして起こってるのだってわかったので、ジタバタすることはなにもないと気づいたのでした。

何もしなくていいのだけど、改善するほうがいいなって思えば改善すればいいし、なんでこうなるかわからないのは、ただ、そうですかって受け取っておけばいいのです。

この「神が全てを起こしてる」を、引き寄せの法則の語彙でいうならば、

あなたの潜在意識が起こしてる=つまりあなたの潜在意識が呼び寄せてる

という風にも言えるわけで、

もし自分に起こることが不快ならば、潜在意識を変えていけばいい、つまり、サインに気がついて改善していけば起こることも変わっていく、ということにもなります。


今は受験の結果がでるシーズンで、よい結果の人も、望まなかった結果を受け取った人もいると思いますが、

そういうわけで、望まなかった結果を受け取ったのも意味があるわけです。

神様がそうするようにしてるので、あーそっかー、これはそのうち私の人生の何かとつながってるから、こういう結果になってるんだ、って思って、

どうぞ、気楽に過ごしてください。

本当に、いずれにしろ、全てうまくいっていますので。

↑ ポカポカしてきたら、外にでてきてゴロゴロするニャンコ達。
猫がここでゴロゴロしてるのにも意味がある〜

ーーーーーーーーーーーーーーー

中高生の子で、コンサルテーションを受けたいけど、おこづかいがあまりない(汗)という人は、あなたに適当な料金を検討しますのでメールでご相談ください。







ちょこっとカウンセリング後記

先日Blogでお知らせしたように、単発のカウンセリングを日にち限定でやってみました。

蓋をあけてみると、単発のカウンセリングでなんとかするには重すぎる… みたいなケースもあり(汗)、

でも、そういう重いケースの方というのは、ご本人は自覚がなかったり、またご自分の何をどうしたら楽になるのかがわからない混沌とした状態でもあるので、とりあえずこのような機会をご利用いただけたこと、良かったと思いました。

この企画はふとインスピレーションを感じて実行したわけですが、やってからわかったのは、

時間は、1時間半を設定していましたが、2時間は必要だな、ということでした。

そうなると、私は1日2人、もしくは3人までしかみれないということになります。

話を聴くのがメインなので1時間半でいけるかと思っていましたが、それでは聴く私だけでなく、話す側も少し不足と感じていたと思います。

私のやるカウンセリングは、ホメオパシー療法のコンサルテーションを通して自ら獲得した心の問題に触れるスキルを使うものですが、

それは少し深いところを掘る作業でもあるので、やはり少し時間がかかるのでした。

私が行うカウンセリングで目指しているのは:

なぜその問題にその人がひっかかってるのか、を一緒に探り

そのひっかかってる元となるもの(過去の出来事や、考え方、パターン)にご本人が気づくことで、

癒しにつながる、というものです。

そして今回、必要そうな人には、カウンセリングだけでなく、バッチフラワーレメディもその場で急遽お渡ししました。

話して気づく、が第一ですが、気づきから変化への癒しを持続してサポートできるので、単発で受ける方にはバッチフラワーは最適だなと思いました。

ということで、次回ちょこっとカウンセリングをやるときは、希望される方にはバッチフラワーレメディも出したいなと思っています。

単発なら受けてみたいな、という方で、曜日のご希望のある方がいましたら、メールでお知らせください。

ーーーーーーーーーーーーーー

↓ 箱好きニャンコ達が、1つの段ボールをめぐりもめてる図。


↓ 二匹の平和的解決。ムリムリに同時に入る(汗)。

自画自賛 e-mail のススメ


ホメオパシーのコンサルテーションで、

落ち込んだときの対処法についてお尋ねすることがあります。

落ち込んだときの対処法は、人それぞれ、

その対処法にその人らしさが表れてくるので、それもレメディを判断する1つの材料となります。

落ち込んだときの対処法への回答で多いのは、

・友達とお茶する、おしゃべりする

あとは、

・寝る

という答えも意外と多いです。

他には、

・美味しいものを食べる

・買い物する

・スポーツする

といった回答もあります。

さて、落ち込んだとき、といっても色々な状態の落ち込みがあると思います。

人にひどいことを言われたり、されたりして傷ついた落ち込みもあるだろうし、

自分や家族にあまり良くないことが起きて気分が塞ぐという落ち込みもあると思います。

今回の記事のタイトル ”自画自賛e-mail ” は、

「自分に自信をなくして落ち込んでるとき」

におすすめの自分でできるセルフセラピーです。

やることは簡単、自分宛にe-mailを作成します。

宛先:自分のe-mailアドレス

件名:素敵なXXへ (XXは自分の名前)

または  大天才のXX へ  みたいに自分を褒め称える件名にします。

そして本文: 

XXさん(自分の名前)、あなたは本当に素晴らしい。

あなたは賢く、美しい/かっこいいとか、なんでもいいから、自分をほめまくります。

X月XX日、XXをして、それはとても上手にできた、とか、あのときの考えは天才的だ、みたいに具体的に実際やったことをほめてもいいですし、

外見や容姿を褒めるのもいいですし、

才能や性格、性質をほめるのでも、なんでもいいです。

とにかく、自分を自分でほめてほめまくります。

思う存分褒める文章を書いたら、最後に、そのe-mailを送信します。

何件、送信しても大丈夫、気の済むまで自画自賛します。

この自画自賛e-mail は、受信してもすぐに開けないで、少し時間をおいてから(もしくは次の日)開封するとより効果的です。

なぜかというと、

書いたときに一度自信をもらって、

しばらく時間をおいて自信が少し薄らいだ頃に、再度受信メールで自信をもらえるからです。

数日置いた場合は、自分で送ったことを少し忘れかけてるので、そこで開封すると、まるで別の人から賞賛されるメールを受け取ったような気にもなれたりします。


自分で自分に自信をつけてあげられるこの簡単な方法、オススメです。

自画自賛e-mailを作成してると、ああ、自分はこういうところを大事と思っていて、そこを褒めてほしいんだな、というのもわかって、自分が愛おしくなります。

あー かわいいやつ、だなと(苦笑)。

↑ 台所の窓から毎朝みる風景。山と山の間にみえる空の多彩さにいつもみとれます。手前にはご近所さんの梅と桃が満開。ウグイスも鳴いていて、いつのまにかしっかり春になってます。