手作り番茶

お世話になってる近所のSさん家は、一家で飲むお茶を毎年手作りしています。

去年と一昨年は忙しくて参加できなかったけど、今年は日がピッタリ合ったので参加させてもらいました。

ただ、茶葉を摘みにいく時間まではなかったので、Sさんの奥さんが先に摘んでおいてくれました(感謝)。

この辺りは茶ノ木がそこら中の山に生えているということもあり(過去には皆が自家用に茶ノ木を植えていたので)茶摘みといっても丁寧に葉だけをつみとってくるのではなく、一番茶となる新芽のでてる枝ごと豪快に採集してくるのです(汗)。

ですので、作業としてはまずは一番茶と呼ばれる新芽だけを枝からちぎり取っていきます。
新芽だけを摘み取ったところ ↓

DSC_2964

キレイな緑色に癒されます。生のまま口にいれて噛んでもお茶の味。

茶葉だけを集めたら、次はおおきな鉄の鍋で炒っていきます ↓

DSC_2958

炒ったら、乾かし干します。しばらくしたらまた炒ります。

Sさん家用の今年の茶葉 ↓ さすがに一年分は大量です。

DSC_2956

私は仕事があったので2回炒った後に我が家用の分を持ち帰りました。
その後は忙しかったので、数日、ざるの上で干しておきました。

そして時間ができたときに、家の中で今度はフライパンで空炒りしました↓

IMG_20170525_064909

炒っていると、お茶屋さんの前を通るときのあの香りがしてきます。
吸い込んでると身体も家の中も浄化されるような何ともいえない高貴な香り。

茶葉を干す回数や炒る回数はそれぞれの家の好みにより異なるそうで、
蒸す人もいるらしい。

私は家で2回炒りました。そして保存瓶にいれてできあがり ↓

DSC_3103

その後は、やかんなどで麦茶みたいに葉ごと煮立ててもよし、急須で入れてもよしです。
Sさんの奥さんは、やかんで煮立てる前に、軽く茶葉をフライパンで毎回炒るそうです。そうすると香ばしさを一年中味わえるんだとか。

私は梅雨の時期にもう一回だして、ほうじ茶くらいの色に炒ろうかなと考えてます。

DSC_3109

番茶って下級煎茶の呼び名と思いますが、このホームメイドのお茶は一番茶のみのぜいたく使用だから高級煎茶でもあるのでは?!

お茶をつくる手間も時間も相当かかるな〜と思うけれど、お茶の新芽に触れる作業は、目から手から鼻からと身体にとてもいい影響があるだろうなと改めて思いました。

カテキンやビタミンCも多い新茶、お茶殻は掃き掃除にも使えるので無駄なし、です。

 

仔ニャンズ里親さがし

我が家に産まれた6匹の仔猫達の里親探しですが…..

なんと一晩!でみつかりました。6匹とも、です。

さすがに、びっくりしましたね(汗)。

里親探しの記事等をシェアしてくださった方々、ご協力どうもありがとうございました。感謝です。

なにせ6匹もいるもので、1週間前までは万が一誰も里親候補が現れなかったら、先住猫も合わせた計8匹の猫がせまい我が家のあちこちにいて….ひ〜と頭の中はクラクラしておりました。

実際、里親探しへの反応は全然よくなかったんです。

まず声かけをしたのはご近所さん達やその知り合いでしたが、私の住んでるいわゆる田舎の地域は、犬派の比率が圧倒的に多くて、猫を欲しい人はほぼいませんでしたね。

Blogなどで呼びかけ、数人ほどOKの返事をいただいたのですが、いざ話を詰めていくと、家が遠かったり(新幹線に乗る距離)、やっぱりペットは飼えないみたいな結末になり、1週間前には里親候補者は実際ゼロでした(冷汗)。

苦労話の前置きが長くなりましたが、里親がみつかったのは、ネットの里親探しのサイトでした。

その日は朝から6匹それぞれの写真をとったり情報をアップして、ほぼ1日がかりの仕事になったのですが、一匹目の里親募集の記事を投稿して数分後に、すぐに応募がありました。

2匹目もすぐでした。しかもそれぞれに複数の方からの応募が入りました。

反応が早くてびっくりですが、猫が欲しい方は逐一新着情報をチェックしてるということみたいです。

そして、その数時間後には4匹に対してそれぞれ里親候補者の応募がありました。

その晩、私が寝るまでの時間では、残る2匹の里親候補がまだ現れてなかったのですが、一晩寝て起きたら残りの2匹にも里親応募が入ってました(驚)。

たったの一晩で、しかも寝てる間に、6匹全員の里親がみつかるなんて!

なんとありがたいサイトでしょうか、感謝感謝です。(”ぺっとのおうち”というサイトです)

具体的な引き渡しはこれからですが、本当に助かりました。

生後1ヶ月を迎える今週、子猫達は可愛くて可愛くてたまらない外観になってます。

このチビ達ともお別れかと思うと、かなり寂しいです。

子猫がいなくなった母猫の寂しさを思うと、それもまたたまらない気持ちになります…一緒に育ててあげられなくてゴメン!

↓ 母猫と同じ柄の器量良しのキジトラ

DSC_2829

↓ やんちゃな可愛いお顔のハチワレ鼻黒

DSC_2859

↓ マジックで書いたみたいな鼻の黒い点がチャームポイントのキジ白

DSC_2860

↓ 賢そうで綺麗な顔のハチワレ

DSC_2879

↓ 優しいお顔で守ってあげたくなるような茶トラ

DSC_2920

↓ 癒し顔のキジ白 応募では一番人気でした

DSC_2869

1匹か2匹は里親みつからないだろうとふんでいて、残った子を我が家で飼おうと思っていたのにフタをあけたら全員が里親にもらわれていくことになったのは実はかなりショックだったりして(落込)。

6匹仔ニャンズ  新しいお家でどうか幸せになっておくれ〜(涙)

 

 

いつか叶う

小学生くらいの頃、サクランボが大好きで、でも高価な果物でちょこっとしか食べられないから(それは今も同じですが)、いつかお腹いっ〜ぱいサクランボを食べたいなと”淡く”願っていたことがあります。

その淡い願いは今の場所に越してきてから叶いました。

強く願ったわけでなく”淡く”願ったから、叶うのに時間がかかったのかもしれません(汗)。

ご近所さんの家にサクランボの樹がありまして、いつも実のなる今の時期に、「サクランボ取りにおいでよ〜」と声をかけていただけるのです。

サクランボは短期間で真っ赤に熟すのですが、あっと言う間にヒヨドリ達が来て食べ尽くすので、サクランボを食べたい場合は、声をかけてもらったらすぐに行かねばなりません(大汗)。

↓ サクランボは枝からはずすのが大変、だから枝ごと切り落として持ってきて、その後軸だけにします。とれたては、つやっつや(輝)です。

DSC_2945

枝を切ってる間も、手当たり次第にその辺の枝についてるサクランボをむさぼり食べます。

このサクランボは小粒のタイプなので、幾らでもお腹に入ります。上品で爽やかな甘さがたまりません。あ〜子供の頃の夢、かなってるな〜(しかもヨソ様の家の実りで!)。

 

↓ 子猫6匹のママ猫もお外に様子をみにやってきました。初めてみるサクランボをちょいちょいと前足で転がしてました。

IMG_20170517_102851

そのうち自分の家でも食べられるよう、我が家の裏庭(畑)にもサクランボを植えました。

いつか叶えたいと思ってることは、いつか叶うものだと毎回思います。

さあ、次に叶えたいことは何かな〜♪

 

 

仔ニャンズ 3週間目

仔ニャンズ6匹、先日二度目のお引越しとなりました。

縁側から、私が予想して仕込んでおいた押し入れの段ボール箱に移動してました。

DSC_2795

↑ 母猫が外にでたスキに押し入れをのぞく私(楽しみ〜)。
仔猫達、耳がピンと立って、すっかり猫らしくなってきました。
小さなお目々がキラキラしております。

DSC_2812

↑ 別の日です。いつみても6匹で団子状態で寝てます。

仔猫が6匹生まれた〜と人に話すと、どんだけ家の中が騒がしくなってるの!?と想像されるのですが、仔猫達はずーっと同じ段ボール箱の中で寝てるだけで、活動としては母猫のおっぱいを飲むだけ。

だから、今まで私の生活に全く変化はなし、です。

えさ(母乳)もトイレも母猫が全て世話してます。

でも今週から生後3週目を超えるので、そろそろ活動が始まりそうです。

2匹の仔猫(恐らく6匹のうちの長男長女?)が、箱から少しだけ外にヨチヨチ歩いて出るようになってきました。

ずっと、この大きさのままなら6匹まるごと家で飼えるんだけどな….(ため息)。

ということで、仔猫達の里親募集しています。

御希望の方はメールください。お待ちしています〜

customerarnica@gmail.com

 

 

 

 

 

シンプルな解決法

ある友人のお嬢さんの話なんですが、去年引越して通い始めた小学校でなかなか馴染めないらしい。先日は、それがピークに達したのか登校拒否をした日が続いたそうだ。

高学年の女子なのでクラス内のグループも既にできてるところで、しかも年度のど真ん中に転入したので余計に入っていくのが難しいらしい。

こういうとき、親はかなりツラ〜イ気持ちになる…(悲)

手取り足取り守るわけにもいかないし、かといって放っとくには年齢も微妙だし、実は親が当人以上に動揺してたりする。

こういうとき、頼まれてもないのにお子さんにレメディを出すわけにもいかないし、かといってこう導けばよいという母への妙案もないので、とりあえずは母側の話を聞いて共感することで、母のストレスを少しばかり軽減するしかできない。

家に戻ってから、引越後に学校に馴染むのに同じように苦労した息子に(彼はその問題となってるお嬢さんを知ってる)、

そういうとき、自分だったらどうして欲しかった?

同じ立場の彼女になにかアドバイスってできる?

とだめもとで聞いてみたら、

そういうときはね、思い切り好きなことをさせてあげて!

好きなことをいーっぱいしたら、エネルギーが増えて、学校行ってみようかなと思えるから

とマトモな答えが返ってきた。

好きなことをすることでエネルギーチャージができれば、嫌いなことに立ち向かってみようという気持ちが少し湧くらしい。

別の言い方をすると、なじめない学校でエネルギーを消耗しつくしてるときに、学校で頑張ってねといくら言われても、そもそも対応するエネルギーがなくなってるので、それ以上は無理ってことらしい。

なるほど。

こういうとき大人は、習い事させたら?とか、先生に相談してみたらとか、近所の仲良い子を家に呼んだら?みたいな、実践的な解決策を思い浮かべるけど、もっとシンプルにその子が元気になれば自分で立ち向かうことができるかもしれないわけだ。

あ〜、これって、大人でもいえるな〜

ストレスを発散するだけでなく、美味しいものを食べたり飲んだり、自分を甘やかしたり、自分にご褒美をあげたり、ぼーっとしたりして、エネルギーチャージできたら、また忙しい生活に戻れたり、ちょっと大変なことをやってみようって重い腰をあげたりできるから。

 

学校問題はいじめなど他人が絡む複雑な問題のときもあるだろうけど、それ以前に当事者自身が元気で、立ち向かおうってやる気=エネルギーがあることが最低の条件だものね。

それにしても、息子がこの答えを即答したってことは、彼がエネルギー消耗してたときに、私は彼に好きなこと思い切りさせてあげてなかったのかもしれない….

胸がチクッと痛くなりました。ごめんよ〜(汗)。

DSC_2738

↑ 仔ニャンズ、先日帰ったら産箱から忽然といなくなってて、え!?と思ったら、逆側の縁側に置いていた段ボールの中に引越済みでした。

6匹も運んだママ猫おつかれさま。

エネルギーきれたとき、ニャンコと触れ合うとたくさんエネルギーチャージできます。

可愛い仔猫、欲しい方は連絡してください〜 2週間後くらいにお譲りできます。

連絡先;customerarnica@gmail.com まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しい環境でエネルギー消耗しつくして、回復が難しい方、ホメオパシー療法が助けになるかもしれません。ご興味のある方はHPの方へどうぞ;https://arnicahomeo.com

 

仔ニャンズ 生後2週間目

2週間目になる仔猫6匹。

先週まではひたすらおっぱいを飲むだけだったけど、今週になるとまとめておっぱいを飲んでその後寝てるだけの時間も増えてきました。

DSC_2687

DSC_2725

目があいてきて、それぞれのお顔の特徴もでてきました。

DSC_2694

↑ クロシロのはちわれが二匹いますが、
一匹は片方のひげのところに黒い点あり。
なんだかやんちゃそう。

となりの茶トラはとってもおとなしそうな感じ

DSC_2709

↑ 寝過ぎか?! あくびしてました、ふにゃ〜

DSC_2718

↑ 茶色がかったキジシロは、丸いけど優しい顔をしています。

 

仔猫をもらってくださる方、ご連絡お待ちしています〜

customerarnica@gmail.com まで

生後1週間の仔猫たち

生まれて1週間目を迎えた6匹の仔猫たち。

ここ数日で小さな目を開けはじめました。

母猫が戻るとみゅ〜みゅ〜鳴きます。

生まれたばかりって、猫の特徴である耳がとっても小ちゃいんですね↓

DSC_2675.JPG

母猫の後ろ足の下にもぐりこんでます。母親と柄が同じな仔猫、顔ちっちゃ〜

DSC_2630

6匹もいるのでいつも団子状態に固まっています 。どれが誰の頭でどれが誰の脚かわからん〜↓

DSC_2626

生後1週間目の朝、起きがけに息子が何度も私を呼ぶので、見にいったら、

母猫が一匹づつ仔猫をくわえて、せっせと息子のふとんの中に運んでいました。

なんで〜!?  仔猫をみせたいのか、それとも本能から巣の移動をしたかったのか!?

(産箱は、息子の部屋横の縁側に置いてある)

息子のふとんの中でだんご状態の仔猫たち ↓

DSC_2651

その後完全に母猫と仔猫6匹に占拠されました(汗)↓ どうすんだ〜

DSC_2657

このままというわけでにもいかないので、しばらくして、母猫がお散歩にでかけた間に仔猫達は、箱に戻させてもらいました。

生後すぐの仔猫に人間の匂いをつけてしまうと、母猫が育児放棄したりすることもあるそうなので、すでに匂いがついてる息子に仔猫を運んでもらいました。

多分、今後も何度か引越するんでしょうけど、先住猫のテリトリーもあるし、もうそんなに我が家に場所ないんですけどね(汗)。

仔猫が欲しい方、ご連絡お待ちしています!

customerarnica@gmail.com までお願いします。

トイレにいけるようになり、離乳しばじめる生後1ヶ月くらいにお譲りすることができます。

まさかの!

我が家の子猫ですが、3週間ほど前にお腹が膨らみはじめたので、寄生虫かしら?!と獣医さんのところに連れていきましたら

寄生虫はゼロ

ご懐妊です

と宣告をうけました……

うっそ!この子オスのはず?!

ハイ、まさかの、メスでした。

なんとなくタマタマらしきものが膨らんでる感じがして、まだ子猫だからそこまで膨らまないんだよね〜と軽く流して、行動等からオス扱いしてましたが、ごめんよ〜、メスだったんです。

しかも、この仔猫をもらいうけたときの月齢にズレがあったようで、いつの間にか妊娠できる月齢になっていたというわけ!ひー(悲鳴)。

6ヶ月になるまで避妊手術をするの待っていたのですが、実際には既に6ヶ月になっていたわけで、しかもその間に速攻で妊娠してしまっていたのでした。ダブルショック〜。

それが3週間前のこと….

その後お腹はどんどん大きくなり、ついに今日仔猫を出産しました。

6匹も!

初産で健康状態がすこぶる良かったからかもしれません。

かわいい仔猫達の里親探し、頑張ります(汗)。

1ヶ月くらいしたら、仔猫お渡しできますので、御希望の方は是非ご連絡をお願いします〜

DSC_2604-2

仔猫の柄は、

クロシロ3匹、

茶トラ1匹、

キジトラ1匹(母猫と同じ柄)

キジシロ1匹 です。

目があいてきたら、それぞれの写真アップします。

↓ 突然現れた「仔ニャンズ」に、目が点の先住猫。そりゃ、びっくりするわ〜(共感)。

IMG_20170421_172310

 

無関心の影響

先日、

たべもの屋さんに行き、ご飯ができるまでの間に、店内の雑誌をめくっておりました。

ビジネス雑誌の増刊号?みたいで、リーダーの資質についての内容でした(記憶曖昧)。

イラストを使い簡略化されて要点だけを伝える薄い雑誌でしたが、ページをめくると中に、

以下の3つの上司の態度のうち、部下達のプロジェクトの成果が一番高かったのはどれでしょうという三択が載っていました。

ものすごいうろ覚えで申し訳ないんですが、私の記憶ではこんな感じでした↓:

  1. プロジェクトの進捗具合の報告をうけながら相談にのる
  2. プロジェクトには全く関わらず、全て部下に任せて結果だけを知らせてもらう
  3. プロジェクトを細部まで把握し、都度、細かく指示をする

 

答え: 一番プロジェクトの成果が高かった上司の態度は  1.   です。

そして一番悪い結果となったのは、2.です。

上記を書き換えるとこんな感じでしょうか:

1. 適度な距離をとり、必要なら相談にのる
2. 放任&無関心
3. 過剰に関わり、口をだす

上記のプロジェクトの成果って、親子の関係でも同じことがいえるな〜と思った私です。

ホメオパシーのケースでみていても、想像以上にダメージがある家庭環境に、子供に無関心だった親というのがあります。

過保護や過干渉の親の方がひどいように思えますが、これらは自分という存在がそこにいたという基礎の部分があります。

しかし、無関心というのは、まるで自分の存在がなかったような感覚を与えます。

一見、普通の家庭のようにみえ、お父さんもお母さんもいた、食事も寝るところも与えてもらっていた、でも親は自分の存在には無関心だった場合、静かなでも重い影響があります。

深い孤独感、自己肯定感のなさ、コミュニケーション能力も育ちにくく、将来的には他人への要求が強くなりすぎる傾向があるため適度な人間関係を築くことができなかったりします。燃え尽き症候群みたいになる方もいます。

大人になって、自分の根本の問題は親の無関心のせいだったと気がついて、そこから親子関係を再構築しようとしても、親自身は自分が子供に無関心だったとは意識すらしてないことも多いのもまた特徴です。

虐待や過干渉みたいなケースは原因がはっきりとわかりやすいのですが、無関心な親から育てられた人では原因に気がついていない人もいます。

物理的にはなにも不足してなかったし、親もそこにいた、だからこれは私の性質の問題だと思ってる人もいます。

逆に、親からの愛情と注目を求め続けることに人生の長い時間を費やしてる方もいます。

親からの愛情をあきらめるのは相当につらいことです。

けれど親からの愛情があったかないかで、あなたの存在の価値が変わることはありません。

そして親からの愛情がなかったかたでも、幸せになり、人を幸せにすることはできます。

親との関係に左右されないで、「自分の」人生を歩めるといいなと思います。

これって会社でもいえますね、無関心&放任またはウルサイ上司にあたってしまった、でも上司に左右されないで、自分自身ができる目の前のことを黙々とやることはできる。

学校でも担任や部活の先生がハズレなこともありますよね、でも彼らに左右されないで、自分自身ができることをやり、自分の道を進んでいくことはできる。

春なので、人的な環境が変わる方も多いと思いますが、まわりの「誰か」にあまりにも影響を受けてる場合は、自分の人生は「自分のもの」であることを思い出すと良いかもしれません。

96e787330a100f46f4a87c3f74ee8911_s

そういう私は、ニャンコにあまりにも影響を受けすぎてる!(汗)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホメオパシー療法では、メンタルの領域も扱います。

親に左右されてきた人生、なんとか変えたいけれど、どうしていいのかわからないかた、

ホメオパシー療法が助けとなるかもしれません。

ご興味のある方はHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com

 

 

自分の限界を 超えるには

自分の限界を超えるというと、ものすごい偉業で、一部のアスリートや社会的な成功者だけができることのように思っていました。

しかし、自分の限界を超えることは、意外と簡単にできるとわかり、このところ取り組んでいます。

最初のきっかけは、以前TVでみたシンクロナイズドスイミングの選手達のインタビューでした。

怖い&厳しいでも凄腕で有名な女性コーチのもと、オリンピックを前に強化合宿に参加した選手の1人が話していました。

合宿所では毎日10時間くらい(悲鳴)練習してたそうなんですが、1日の練習が終わるころ、その日の体力も精神力も尽きはててしまっているときに、コーチはオリンピックの本番でみせるものと同レベルの演技を求めるのだそうです。

1日練習したのだからヘトヘトに疲れてるし、今のこの状態でそれは無理でしょう〜 みたいな心理になってるときです。

どう考えてもこの身体と心ではできっこないのに、それでもそこでベストコンディションと同じレベルの演技をやれ!と鬼のような態度と言葉で激を飛ばされる。

できっこないですよね、もうフラフラなんだから….

しかしコーチが怖いし(汗)やらないといけない、なのでやるしかない、そうしていくうちに、いやーこれ以上は無理!だったことが、できたりするそうなんです。

その後、彼女達はメダルを獲得しました。

それまで限界と思っていたラインは、実は超えられるラインだったということですね。

もっと言うならば、ここが私の限界だと思っているその時こそが、限界を超えるチャンスのときってことなんでしょう。

へ〜面白い、限界を超えるってそういうときなんだ….

そんなことを考えて過ごしてたら、息子がYoutubeでみていたNHKのプロフェッショナルからスガシカオの歌が流れてきました。

♪ あと一歩だけ、前に 進もう〜 ♪

あれ、この歌って、自分の限界を超えようって歌だったのかしら。

もう無理と思っていたところで、ほんの一歩だけ進むなら、私にもできるかも。

そう思い始めたら、自分の限界を超えるって、メダルを取るような偉業だけでなく、日常にもいっぱいあったんです。

それは、心がしたくないことを無理にする、のとは違います。

これは私には無理と思っていたことを、無理じゃないんだ、やってみようと思うことでした。

たとえば、仕事でいうと1日1人が理想、2人まではみれるけどそれ以上は分析等できないから無理〜!と思っていたのを、一歩だけ踏み出す、希望があれば3人みてみようかなと。すると実際みることはできて、スムーズに分析までできたりする。

運転がそんなに得意でない私は(長年ペーパードライバーだったので)、出張で遠くの初めての土地に行くのを避けがちでした、怖い、無理〜、それが自分の運転の限界と思ってました。

でも一歩だけ進んでみようと決めると、初めてのところでもよし車で行ってみるかと思え、実際に行けちゃったりする。

あれ、自分の限界超えるってこんなに簡単なことだったの?!

と、いうか、私の場合は、限界が低すぎたのかもですが(冷汗)。

忙しい日が続いて、本当はもう少し家の片付けをしたいのに、いや、無理、体きついわ、と思ってる、でも、ここで一歩だけ進んでみようとする。ちょっと頑張る。そうすると、意外とできるわってことになる。

小さな限界を超え続けると、自分の枠が一回り大きくなる感じがします。

一歩だけ、というのが肝心かなとも思います。

一気に5歩も進んでしまうと、心身に負担が急にかかりすぎるし、挑戦するのを思いとどまったりする。でも一歩だけなら、やってみようと思えるし、心身に負担なくできたりする。

一歩でも、半歩でもいいから、ちょっとやってみよう、と思えると、心身がなぜかついてくるのが頼もしいです。

IMG_20170409_103010

↑ ニャンコもいつも昇れない棚の上にジャンプして無事に成功、ニャッ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生にもう一歩だけ踏み出すのが怖い方、ホメオパシー療法が一歩踏み出す勇気をもつ助けをしてくれるかもしれません。

ご興味のある方はHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com