久々にブチきれました

私はもともとすぐに怒るタイプです…

感情をうまくだせずに後から感情が涌き上がるという人も多いと思いますが、

私は逆で、涌き上がったものを心の内にとどめておくのが苦手なタイプ(汗)。

しかし今の自然豊かな場所に住んで環境に癒されてるせいか、はたまた年をとるというのはそういうことなのか、昔に比べて怒る、ということが少なくなってきました。

が、先日は久々にブチきれました(憤)。

モノは携帯なんですが、壊れて修理を依頼することになり、それが海外のメーカーだったからなのか修理への対応が想像を超えてひどかったからです。

まずは、携帯を送付して、メールで来た修理の見積金額に「OK」ということで返信しておいたのですが、数日たってもなんの連絡もない…?!

そこでサポートセンターに電話すると(日本語対応で日本人)、見積メールに直接返信してはいけなくて、本文中にあった別の文章をクリックしてそこに返信しなければならなかったとのこと。本文にはここをクリックという文章が書いてあったのですが、(海外の会社だから)翻訳の問題なのかどうか?文章の意味が非常にわかりづらく、迷ったすえ、私は直接返信メールを送っていたのでした。

こんなわかりにくい文章書くな〜!とここで軽くぶちっ(怒り)ときたけど、これは私の解釈も悪かったかもなので、自分を静め、ともかく修理して返送してもらうようその電話で依頼しました。

そこからまたさらに数日、連絡がないからとっくに修理済み製品を送付してくれたんだと思って待っていると、今度はあちらから電話が入る。

「お客様の地域は代引き対象外です」(修理品は代引きで届くようになってる)

へ!?? その指定宅配業者さんを使って代引きでこれまで何度も購入してますけど、どういうこと?! しかも私の居住区域は自然豊かとはいえ、姫路市です、「市」という普通の地区、僻地には含まれません。

しかし、こちらが何を言おうとも対応できない、の繰り返し。で、向こうが提案してきたのは銀行振込。なんで代引き使えないのかさっぱりわからないけど、ラチが明かないので、では修理された品が届いたら代金を支払います、ということにしました。

その後は銀行振込先を担当部署に確認して私に連絡をくれ、携帯を配送するということになっていたので、やれやれと思っていたのですが…

また連絡ないまま数日(この時点で最初のやり取りから2週間経ってます)。
今度こそ配送してくれたと思っていたのに、結局週末になっても携帯は届かない。

ぬおーなにやっとんじゃ!(ぶちきれかける)、そしてまた私からサポートセンターに電話。サポートセンターの女性は、型通りの人形のような抑揚で

「銀行振込で先に代金を確認してからでないと配送できかねます」とぬかします。

できないなら、なんでそっちから電話してこないんだー!!!(完全にぶちきれ)

この数日間なにやってた?! 早口で文句いいまくりました、ゼーゼー(息)。

向こうから連絡もせず、ほったらかしで、こちらから電話して始めて答えるそのサポートの仕方!

あ、これ なんか昔に経験したな〜、そうそう、フランスじゃ、こんなサービス、当たり前だったな、はー(遠い目)。

すっかり日本の迅速なサポート対応に慣れていたから、劣悪な対応への免疫が薄れてたわ(大汗)。

ちなみにフランスでは、こういう場合、ブチきれたもの勝ちで、怒りで感情的になってる人には、例外扱いをしてくれること多し(マジです)。

デモしたり、ストしたりして、自分達の要望を勝ち取るやり方は、個人レベルでも行われてるわけです。

今回のケースなら、私がこのままゴネまくれば、じゃあ、特別に後払いでいいわ、となったりするような例外が起こるわけです。

しかし、今回はそういうラテンな対応はなされず、あくまで、「先に金払え」の向こうの姿勢は崩されませんでした。

その後、他の解決方法がないか考えて、2つほど提案したのですが、「再度、担当部署に確認しましてからご連絡します」とのこと。これはまたさらに何日も何日も引き延ばされること間違いなし、です。

こういう企業の場合、修理代金を先に振り込んでも本当に修理して、ちゃんと配送してくれるのかという不安も持ってしまいますが、とにかくこれ以上、この会社とかかずらわっていても、こちらの精神衛生上よろしくないので、終わらせることにしました。(つまり先に振り込む、ということ)

ちなみにこの記事を書いてる今の時点でも、まだ手元に携帯は届いていません(涙)。

dsc_0688

↑ 車で5分くらいのところにある清流。激しく岩に打ちつけられてどんどん流れていきます。私の怒りもどんどん流れていきました、ドッパーン。

*後記 この記事をアップして数日後におかげさまで無事に携帯届きました。今回のことは、外国企業ということで私が先入観を持ってたことにも気がつきましたし、感情的に対応するとどんどん悪い方に行く&自分自身も疲れるだけ、当初の目的を忘れない(早急な修理を望んでた)等、私にとって学びとなりましたが、とりあえず、このメーカーの携帯を二度と購入することはないですね、ハイ(苦笑)。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中