何故でしょう

とても不思議なのですが、レントゲン撮影やCTによる被曝を懸念したお母様から依頼されて、お子さんにレメディを出すと、レメディを取った後に鼻血を出すことが多々あります。

いつもとは限りませんが、特にそれは小さいお子さんにみられる現象です。

先日、ある症状でかかっていただいたお子さんにレメディを処方しましたら、数日後に鼻血を出したと連絡をいただきました。

鼻をぶつけたりしたわけでもないし、鼻をほじったわけでもなくて、突然出たそうです。

レメディをとって小さいお子さんが鼻血を出すことは、上記したようにレントゲン撮影などを受けたお子さんにみられるけど、そのお子さんはコンサルテーションではそういう話はでなかったので、何か私にはわかりませんが、理由があって身体が排出したのでしょう、ということを書いておきました。

そしたら、そのお母さんから返信がきて、言い忘れていたけど、1ヶ月ほど前にある症状で病院にいった際にレントゲン撮影していたということでした。

あら〜(汗)

原発事故後に線量の高いところにいた(もしくは行った)人が鼻血を出すというのは、「美味しんぼ」にも書かれましたし、いろいろ物議を醸し出しました。

放射能の害を問題視する人には鼻血は内部被曝の症状として明確だと言われていますが、真反対の意見の専門家やマスコミは、鼻血というありふれた症状と放射能を結びつけることは完全なデマや煽りだと言っています。

私にはわかりません。

でも違う身体を持つ子達が、レメディを取った後に同様の症状を起こすというのを目の当たりにすると、これは何を表しているのでしょう、と考えてしまいます。

1つだけ言えることは、いつもあなたの身体に備わってる自然治癒力があなたが健やかに生き延びるために、正しいことをしてくれてるってことでしょうか。

gakuajisai

紫陽花の美しい季節になりました〜。今年は紫の紫陽花にひかれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原因や理由がわからないけど、身体の不調が続いてる方、ホメオパシー療法でその不調を取り除くお手伝いができるかもしれません。

ご興味のある方はHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/

 

コミュニティの中で自分ができること

先日、ある小学生のお子さんのコンサルテーションをしていたら、

その子が学校の自分のクラスに望むことは、

「みんながケンカせずに、仲良くすること」

でした。

クラスは仲が良いに越したことはないですよね。

そのためにどうしたらいいと思う?と質問してみたら、その子は

「皆が友達になること」

と即答しただけでなく、とっくに具体的な行動を取ってることがわかりました。

あるコミュニティに属する全員が友達になるには、実際に何をすればいいか、大人でもすぐに答えられるでしょうか。

その子が既に実践してることは、

・自分がまだ話したことがない子に話しかけるようにする

・話したことがある子とはもっとたくさん話せるようにする

ということでした。

素晴らしいアイデアで、とても具体的な策だなと感心したので、本当によい考えだね〜!!と絶賛しました。

会社でも、住んでる町でも、PTAでも、趣味のサークルでも、全員と一言でも言葉をかわしたことがあったら親近感やシンパシーの度合いって相当に上がるんじゃないでしょうか。

特に学校のクラスでは、グループに入れなくて孤立しがちな子というのが必ず一定数いるので、その子達が折りにふれて声をかけられたら、ものすごく気持ちが救われて、自分もクラスの一員だって気持ちが高まるだろうなと思います。

このお子さんのように、全体を思いやって動く傾向が、大人よりもお子さんに目立つなと、このところ感じます。

地球全体の流れの中でそういう子達が増えてきていて、世界が変わっていく途上なのかもしれません。だとしたらとても嬉しい流れです。

霊的にいうと、全ての人の中には、もとは1つの神(源のエネルギー)が存在しています。

だから、自分と皆をバラバラに考えないで、皆が自分の分身と考えると、自分の喜びだけでなく皆の喜びも大事にしていけるなと思います。

まずは自分が嬉しい、楽しいことが大事。

でも自分「だけ」が嬉しくて楽しいことでなく、自分も皆も嬉しくて楽しいことを選択していけば、このお子さんが望んだように、皆が友達になれる理想的なコミュニティがあちこちでできていくだろうなと思い、心が暖かくなったのでした。

DSC_4570

↑ 我が家の猫コミュニティ(二匹だけど)。
いつも一緒にいるわけじゃないけど、近くにいるときは毛繕いにてコミュニケーションをとっています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュニティの中で自分が孤立してる感覚が強い方、その孤立感をなくすお手伝いがホメオパシー療法でできるかもしれません。

ご興味のある方はHPを御覧ください:https://arnicahomeo.com/

 

 

 

 

いつもの仕事

お世話になってるS夫婦は、自営業の仕事の他に、季節ごとにやることがたくさんあります。

5月は、タケノコやふきを取りにいって煮ものにしたり、山椒の実をとって佃煮にします(年間通じてご飯のおかずとして食べるために冷凍して常備してる、だから取る量もハンパない汗)。

お茶の葉を積んできて一年分のお茶にするのもこの時期(この記事5月にアップできずに梅雨になってしまいました…)。

今年も我が家は、お茶作りだけ参加させてもらいました。

私はあいにく忙しかったので、今年はだんなさんが参加。

img_1206-feuilles-de-the

お茶の葉を取りに行き(この辺りの山に捨てるほど生えてる)、葉をちぎって、乾燥させて、焙煎させます。

img_1213-preparation-du-the-2

お茶の葉をちぎったり、焙煎する作業というのは、葉っぱの緑をみるのが気持ちがいいし、香りもとてもよくて癒されます。

かなりの量のお茶の葉作りをしてきただんなさんが帰ってきて一言、

すっごい気持ちがよかった!

顔がすっきりしてました。

お茶の葉の香りや炒った煙は、人を浄化する作用があるんじゃないかと確かに私も去年感じました。

ちなみにムカデはお茶の匂いがすごく嫌いらしくて、家にいてもその匂いがしたら出ていくのだとか。

今の時代はなんでも安く手にいれられるし、労力も時間もかからない、でも、S夫婦がわざわざ作ってるのは、自分たちで作るものの方が市販のものより断然美味しいから、だそうです。

S夫婦は、自給自足してるわけでなく普通にスーパーで物も購入してますが、水は山水から取ってるし(ろ過装置を設置してる)、玉子も自分たちが飼ってる鶏から頂いてます。

人間のする仕事って、そもそもは自分たちを食べさせるためのものだったんだよな〜、と考えた日でした。

自分達で作ったお茶、ホント〜に美味しいです。