閉じ込められた猫

先日我が家のニャンコが一晩帰宅せず。
夜に出て行ったまま、朝になっても戻っていませんでした。

なかなかないことなんです、これは。 今年2歳になるし、暑くなってきたから行動時間も増えたのかな?などと思いつつ、朝ご飯を食べにも帰ってこない、だんだん心配に。テリトリーは把握していたので、その辺りを探してみましたが、反応なし。

そのうち戻るのかな、と期待しつつ、昼ご飯にも帰ってこず… これはおかしい(汗)
午後に家族で捜索することにしました。ご近所の方にも声をかけたりして。 ニャンコのテリトリーはくまなく探したのに、声をかけても反応なし。 普段なら声をかけると、よそ様の倉庫などに隠れて寝ていたとしてもでてきたりしていたので、さすがにおかしい。

小さな集落なので、車の事故ならすでに我が家の耳に入っているはず。
考えられるのはどこかでケガをして隠れているか、どこかにブロックされて身動きがとれなくなっているか。はたまた山に何かを追いかけて入ったまま迷子になっているか….

まるで自分の子どもが迷子になったような不安な気持…ニャンコをどうやってみつけたらいいのか。 ダンナさんなんか、誘拐では?もしかして殺された?などとまるで人間の事件を想像していました。

テリトリーの範囲以外も探したほうがいいということになり、少し遠くまで探すことに。
ニャンコの名前を呼びながら、見回します。ここまでは来ないかも、と、山に面したお宅の前を通りかかったとき、 ニャンコの名前を呼ぶと、「ミャア」と聞こえます。もう1回呼ぶとまたはっきりと「ミャア」と。

急いでそのお宅の玄関のところへ駆け寄ると、玄関横に設置された小動物用の金属の「ワナ」の中に、我が家のニャンコがかかっておりました(涙)。

そのお宅はお留守だったので、勝手にワナをあけさせて頂き、ニャンコを救出しました。まさか、こんなとこまで来ていたとは。オリの中の動物をおびきよせるエサには全く触れていなかったので、箱型に入る習性でワナの中に入って閉まってしまったようです。

幸い、手や足をガチャッと噛むような恐ろしい器具のついたオリではなかったので、大けがなどはしていませんでした。 ただせまいオリの中で相当もがいたみたいで鼻の上の肉部分が少しけずれていました。首輪も外れて毛が散らばっていました。

家に連れ帰ると、脱水していたようでお水を何度も飲みました。お水の中にはレメディのArnicaを入れました。 身動きとれないオリにかれこれ18時間くらい入っていたことになります。しかもジタバタともがいたので、骨の痛みや筋肉の痛みはかなりのものでしょう(怖)

普段は家のお水はあまり飲まず、川や水たまりやメダカ鉢のお水を飲んでいるニャンコですが、今回はArnica入りのお水をたくさん飲んでくれました。そしてその後延々と眠りつづけました。起きてきて水とエサを少し食べたら、また寝るを繰り返しながら。

その後よくよくニャンコの顔をみると、目のあたりがかなりむくんでいました。これは脱水症状になったときに急にたくさんのお水をとったことが原因でもあったようです。人間でも同じですが、脱水症状になると身体は水分不足を感じ、水分を尿にまわさないように抗利尿ホルモンを分泌するそうです。このホルモンはいったん分泌されると2、3日続けてでるそうで、そこに急に水分を多量にとると、尿に水分がまわらないので、その分滞留してむくむんだとか。

ただ、ニャンコはその辺り本能で判断するでしょうから、水分をあれだけ取ることは必要だったのだと思います。

Arnicaの助けもあってか、ぐったりしていたニャンコは翌々日には、また夜中に外にでかけていくほど、元気に回復しました。 目のあたりのむくみもなし、いつもの顔です。
これにこりて「ワナ」にはもう近づかないでね〜(悲)

DSC_0457

↑わなにかかる数時間前のニャンコ。のんびりあくびしとったな〜(苦笑)

今回のニャンコのような恐怖体験があった場合は、その後も心身に影響を及ぼすことがあります。 そんなときはホメオパシー療法が助けになるかもしれません。ご興味のある方はHPの方へどうぞ: https://arnicahomeo.wordpress.com

草むらでzzz

ニャンコが、気持良さそうに雑草にまぎれて寝ています。

DSC_0414

ひんやりとしたクローバーの葉っぱの上、そよそよと風が草をゆらしています。
雑草がのびすぎて(汗)、うまくニャンコの姿を隠してくれているので安心しているのでしょうか。DSC_0408

ニャンコをみながら、ひんやりした草が顔をなでる気持よさ、そして匂いを私も感じました。ニャンコのように草の中に寝転んだ心地よさの体験が私にもあったから。

五感で記憶された体験って、ふとよみがえるのが興味深いです。
最近の記憶法でも、一番有効なのは5感をフルに使いながら覚える方法だとか。

素敵な体験や記憶はなるべくたくさんあったほうがいいですけど、私達は悪い体験も同じくらいきちんと記憶してしまうものです。

特定の人物が嫌だったり、ある出来事にとても動揺してしまうようなとき、それは過去の嫌な体験をどこかで思い出しているときが多いようです。そのパターンはわかっているけど、なかなかつらい気持から抜け出せないような方、ホメオパシー療法が助けになるかもしれません。ご興味のある方は、HPの方へもどうぞ:

https://arnicahomeo.wordpress.com

春の苦味

グルメな野菜を作っているご近所さんにまた珍しいものをいただきました。

うどの芽です↓

DSC_0046

天ぷらにすると美味しいと教えてもらったので、早速天ぷらに。

たらの芽よりも、濃い味でコクのある感じ。ちょっとした苦味に「緑」な味を感じました。

まさに春の山菜の味です、おいしい〜。

こちらが、一般に売られているうどの茎の部分↓ 酢みそあえにしたものをくださいました。

DSC_0050

しゃきしゃきで爽やか、辛口の白ワインに合いますっ。

さらにこんなものまで頂きました ↓ 「みょうがだけ」と言うらしいです。

茗荷の若茎のことらしいですが、調べてみると市場にもでまわりにくい高級食材のようで(驚)。

しかも、既に自家製お味噌であえたものを分けてくださったので、味付けで失敗のリスクなし(礼)。

DSC_0053

こちらも適度な苦味があって、正統な春の山菜の味です。ちょっとづつ、つまんで味わうのが「通」なのでしょうが、美味しくて一口が大口に、そして数口で消えていく…
こちらも辛口の白ワインと絶妙にマッチです。ふ〜(堪能)。

クマは冬眠からさめたら、ふきのとうを食べるとか。内臓の分泌を促し、冬眠の間にためこんだ毒素を出すからだそうです。クマみたいにヒトも、身体のリズムを整える食材を本能で選んでいた時代があったんでしょう。

今のこの時代、その本能を取り戻すことはかなり難しそうなので、季節ならではの恵みを選び、なるべく自分が住んでいる土地の作物を食べていくことがそれに近いのかもしれないと、思いました。

春になってもうまくデトックスできず、冬の身体のままの方、まずは山菜を。
山菜では歯がたたないような長年の心身のデトックスが必要な方は、ホメオパシー療法が助けになるかもしれません。ご興味のある方はこらのHPへ:

https://arnicahomeo.wordpress.com

イノシシのワイン煮込み

イノシシのお肉の大きな塊を頂きました↓

お正月頃にその方の畑にエサを探しにやってきたイノシシがわなにかかったそうで、そのお肉です(謝)。

IMG_1403-2

ちゃんと量ってなかったのですが、3kgくらいあったと思います。
みごとな分厚い脂肪の層がありました。この脂肪が蓄えられるまでに、このイノシシはどれだけ木の実を消費したのだろうか….。

イノシシに思いを馳せ、脂肪部分を大まかに削いで量ると1.3kg、ほぼ半分は脂肪層だったようです。
ダンナさんが自分の母のやり方を真似て、赤ワインで煮込むことにしました。ジビエ〜。
イノシシ肉を適当な大きさに切り、塩、胡椒をして、赤ワインを1本投入、そこにタマネギ、乱切りのにんじん、キノコとハーブ(セージ、ローズマリー、タイム、ローリエ)を入れて5時間以上(できれば一晩)浸します。

IMG_1408

その後、ぐつぐつとクルーゼで煮込むだけ。煮込んでからさらに一晩寝かせるのがベストです。(もう一晩寝かせるとさらに美味)。

草食のイノシシの脂は、さらっとしていてもたれないのが素晴らしいです。くーっ、赤ワインに合う〜。
お肉をくださった方にも、ワイン煮込みを差し上げましたが、お口に合ったかどうか(ワイン煮込みは初めてだった+ お酒飲めない人なのでワイン風味はどうなんだ?)。

IMG_1422

馬の脂が馬油として使われるように、イノシシの脂も鍋でわかし溶かして漉すと、クリームとして使えるそうです。
なんでもあかぎれや、やけどにもいいらしい。

里山に住んでいると、イノシシや鹿は身近な生き物です。彼らの姿をみかけているだけに、そのお肉を食すとなると、心にぐっとせまってくるものがあります。せっせと木の実やさつまいも、竹の子なんかで蓄えたイノシシさんのお肉や脂肪をいただき、申し訳ないですが、とにかくありがたく頂きました。感謝です。

アーティストを育む

先日、我が村(?)に、フランス人の写真家がやってきました↓ Kristophe

クリストフという名の写真家ですが、彼は日本の農地とかかわりのある仕事をしている人の写真を集めて写真展を行いたいらしく、今回はその取材のための来日でした(私のだんなさんのつてで我が村も候補の1つに)。

クリストフは意外にもパリ市の職員。パリ市に雇われているパリ市関連の写真を撮る専属写真家なのですが、いわゆる社会的な身分はれっきとした「公務員」です。

公務員の人が何週間も日本に取材旅行に来て、自分の取りたい作品の写真展を企画できるの?!と疑問に思って尋ねたら、アーティストとしての活動のために最長6年間お休みをとってもいいそうです(有償か無償か尋ね忘れましたが、いずれにしろその間は彼の同じ職は保証されている)。

さすがアーティストを大事にする自治体パリ! これなら公務員として安定した仕事をしながら、アーティストとしての活動を行いセンスを磨き続けることもできます。

このような芸術に理解のある制度を持つのはフランスだけじゃないだろうけど、公的なバックアップがあるからこそアーティストは育つんだろうなとつくづく感心しました。

もう一つ感心したこと。 パリ市に自分の履歴書を送って、パリ市からクリストフに職員として採用の返事がきたのは、 郵送してから3年後だったことです….

なんか、違う意味ですごっ。 3年前の応募書類に返信した係の人も、3年後に採用の通知をうけた人も(汗)。

クリストフは引き続き日本での上記の写真プロジェクトに参加してくれる人を募集しているそうです。 ご興味のある方はクリストフのサイトへどうぞ。 このプロジェクトについては日本語で書いてあります↓

http://www.kristophenoel.com/xgexg

ホメオパシー療法を受けると何が起こるか?

ホメオパシー療法を受けると、どんなことが起こるの?

について書いてみたいと思います。

以下、クラシカルホメオパシー処方の場合を前提にしてのお話です。 また例外というのは必ず存在しますし、個人差も当然あるので、書いていることが全ての人に起きるとも限りません。 どんなことが起きるのかを知りたいかたが多いようなので、一般的な話として書いてみます。

ホメオパスにかかり、選択されたレメディへの反応があれば、なんとかしたいと思っている身体症状に動きがでます。
1回目のレメディでかなり改善する場合もありますが、数度(もしくは数種類)レメディを試していくことで徐々に改善していき、1ヶ月〜数ヶ月後に振り返ってみてみると、あれ、そういえばそんな症状あったな、というレベルまで回復するような感じの効き方が多いです。

例えば私の経験でいうと、頭痛だったら、レメディで少しづつ痛みや出現頻度が軽減していき、数ヶ月したらもう全く頭痛はでなくなっていった、みたいな感じになります。1年も経ってメモ代わりにつけてた日記を見返したら「ああ、そういえば、私の頭痛ひどかったな〜」なんてくらいの過去のものとなります。

どかーんとレメディ一服で改善ということも起こりえますが、症状には揺り戻しというのがありますので、一服で大きな変化があった場合は、またしばらくして調子が悪い状況になったときに頭痛が再度現れて(以前よりも少し軽くなっているけど)、そこでまたレメディを1服とって、というようなことを数度繰り返す必要があります。(揺り戻しということを理解していると再発したときに、冷静でいられます)

アトピーや、花粉症といった長年患っているような症状の場合は、症状が軽減するまでに長い期間がかかることが多いです。

レメディ一服でどーんと効果をあげたい方もいると思うのですが、そういうときは反動で揺り戻しも大きく、実際問題として日常生活にかなりの支障をきたすので、徐々に徐々に症状を軽減していくことが望ましいです。症状を小出しにしながら(もしくは出さないように)軽減していくので、安全で確実だと思いますが、その分時間はかかります。

私は一服のレメディでどっかーんと衝撃が欲しかったタイプなんですが(いわゆる死ぬならぽっくり死にたいタイプ?!)、実際それが起きたら正直耐えられませんでした。ですので、その後は徐々に回復がベストだと身体を使って学びました(反省)。

そして身体症状はほとんどの場合、精神症状との組み合わせで起こっていることが多いので、上記のような感じで身体症状を改善していく過程では、精神症状にも自然と向き合うことになります。 向き合うというのはどういうことかというと、わかりやすい言葉でいうと「気づき」があります。

いつも無意識に行っていた思考過程や感情の動きにふと気がつきはじめるのです。
「あれ、私、こんな風に考えていたんだ」「あ、いつもは怒っているのに今日はイライラしなかった」とか「過去のあの出来事を突然思い出して憤った」とか「目が覚めたら、あの出来事を思い出していつのまにか泣いていた」、「いつもは何も言わないのに昨日は主人に向って叫び、ものを投げた」など人によって様々なパターンでの気づきがあります。

そして滞っていた精神面がスムーズに流れるようになり、より精神的に生きやすく(=自分らしく)なっていくのと平行して、身体症状も軽減していきます、別の言い方をすると、心身ともに全体的にその人らしく健康になっていく、これがホメオパシー療法で起こることだと思います。

violet_m

身体症状はほぼなくて、精神面だけの問題を抱えていらっしゃる方の場合は、もう少しダイナミックな経験になるかと思います。 身体症状がないので日常生活に支障をきたす揺り戻しをそこまで心配しなくてもよいので、もう少し強く刺激することができるからです。 (重度な精神疾患の場合は異なります)

という感じで、ホメオパシー療法を受けると、ゆっくりですが着実に心身が整っていきます(全てのケースではないけれど)。

オススメは療法を受ける前に、簡単な心身の症状を記録しておくことです。そして療法を受けて1年などある程度の期間を経てから、その記録を見直す。振り返るとかなりの変化が起こっていることに気がつきます。しかしあまりにも自然に起こるので振り返らないと気がつかない、そんなことも多いです。特に精神面では自分がどれだけ成長したかわかります。

ただ、そうはいっても人間が解脱するわけでもないので(苦笑)、
その後も必要な学びは人生において常にやってきますが(汗)。

すみれ2

時間をかけて心身全体を整えると聞くと、かなり悠長な療法のようにも思えるかもしれませんが、長〜い何十年の人生です。 そのうちの数ヶ月〜数年を使って、本当に自分らしく生きられるようになるなら、とても短い期間だと私は思うのですが。

最後に費用面について、も書いておきます。(以下、私のやり方ですので他のホメオパスの方とは異なります)
初回のコンサルテーションの後は、フォローアップ(2回目以降のコンサルテーションのこと)に毎月通わないとならないなら、トータルで相当高額になるんじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

初回のコンサルテーションの後は、レメディの反応をみて方向性が確定してくるまで、続く2、3回はフォローアップは1ヶ月おきが理想ですが、その後徐々に調子を整えていく間は、コンサルテーションの期間は数ヶ月あいたりします。その間はメールでのやりとりが続くことがほとんどで費用も発生しないことが多いです。

というわけで、ホメオパシー療法にかかってみてもよいかな、と思われた方はHPの方も読んでみてください: https://arnicahomeo.wordpress.com

さんしょうの葉

さんしょうの新芽が香る季節になりました。

が、今年の春は雨が多いせいなのか、気温のせいなのか、気がつけばいつのまにか芽がかなりの大きさまで育っていました。
新芽が育っていく様子を楽しむ間もなく、さっさと摘まないとならない勢い(汗)。

先日いただいた新芽の佃煮があまりに美味しかったので自分でも作ってみることに。
早速ボールに新芽を積みました。積んでいる間の香りもまた最高〜

DSC_1292

新芽の佃煮のレシピを調べると、千差万別すぎてどれがいいのやら…
先に新芽をお湯で1分ゆでるレシピ、10分ゆでるレシピ、葉っぱを洗ったら蒸すというのもあり、またはゆでずに塩をまぶしてもんでからしぼって味付けをするレシピもありました。
ご近所さんはお湯で5分くらい灰汁抜きにゆでるそうです。

どれがいいのかわからないけど、いわゆる灰汁抜きだろうし、と、とりあえず3、4分くらいゆでてみました。
ゆでた葉っぱをざくざくと切って、フライパンに入れて味付けします。
いただいて美味しいと思った佃煮は、砂糖が少し入っていたタイプなので、
お酒、みりん、醤油に少しきび砂糖を加えてみました。
お水も少しいれるそうです。これらを炒りあげておしまいです。

ボールいっぱいの葉がこぶし一握りくらいの量に減りました(涙)
ご飯にかけたら最高です(美味)。そしてすぐになくなります…(悲)

DSC_1300