自然なリズムで生きる

わたしたちの体は、心臓の規則的な収縮で動いています。

収縮というのは、「ひきしまってちぢまること(辞書より)」で、

ちぢまるには、いったんのびてる状態に戻ってることがセットになりますが、心臓は循環して戻ってきた血液の圧力で毎回ふくらんでいる(のびる)のだそうです。

心臓の血液循環が起きないと私たちが生き延びれないのだとすると、
のびる →  ちぢまる → のびる → ちぢまる という繰り返しのリズムは、
私たちの体の自然なリズムと言えるように思います。

「のびる」は、別の言い方でいうと、

ゆったり、のんびり、リラックス、

「ちぢむ」は、

緊張、集中、頑張るというような言葉で言い換えられると思います。

何がいいたいかというと、

ずっと、ちぢんだ状態だけ(緊張した状態のみ)、

のびた状態だけ(緊張感のない状態のみ)で生きることは、自然のリズムに反していて、

生きづらい状態になってるのではないかなということです。

私はエネルギー療法をやっていて、

心臓に問題がある方(主に心拍数)をみることがたまにありますが、

そういう方々は、まさに上記のどちらかに大きく傾いているのがみられます。

頻脈ぎみの方は、

緊張した状態が長く続きすぎていて、ゆるめている時間が極端に少ない方、

徐脈ぎみの方は、

生活に目標やハリがなく、何かをきっかけにやる気を失ってしまっているというのがみられたりします。

つまり、どちらも自然のリズムからずれて生きづらくなってるわけです。

私は去年から週1ファスティング というのをしていますが、そして12時間ファスティングみたいに一定時間あけて消化機能を休めることが流行ったりもしていますが、

これも同じで、しばらくなにも活動のないゆるんだ状態というのを、たまに消化器官に与えるのも自然なリズムかもしれないなと思います(通常はきちんと睡眠をとっていればその間に消化器官はゆるめられていますが)。

緊張した状態とゆるんだ状態の長さを比べると、

今の世の中では、圧倒的に緊張した状態でいる時間の方が長いのでは?と思いますが、どうでしょうか。

緊張した状態というのが何を指すかというと

わかりやすいのは、仕事や勉強を長時間頑張り続けてる状態とか、
苦手な人たちの中にいる状態とかですが、

これは言い換えると

「社会」にいるときに起こってるのではないかと私は思います。

「社会」にいるから認めてもらいたくて、頑張ったり、何かを続けたりするわけだし、

人間関係でいっても、
友達といたとしても、相手のことを気遣ったり考えたりもするだろうし、
ましてや距離感が微妙な人たちといたら、その気遣いは何倍にもなるし、自分の言動も少し取りまったりor 少し元気よく振る舞ったりして、

そんなに「素」ではいられないと思うのです。

これが、さらに大人数の会社や学校という「社会」で考えたら、毎日行くので慣れているとしても、実際には相当な緊張状態でいるのではないでしょうか。

ならば「社会」にいない状態とは?!

「家」にいるってことかな

「ひとり」でいるってことかな

「社会」とのかかわりからなるべく離れた自分でいるってことかな……

ということで、

1週間に1回とか、できなければ2週間に1回くらいでも、

何も予定がない日や、何もしない日、家にこもる日、
自分をただただゆるめる日、を意識的に持つことは大事なんじゃないかなと思います。

なぜ、この記事を書いたかというと、

先日まさに自分がこの状態だったからです笑。

時間があいたら、テニスの予定をいれていて、気づけば毎日外の「社会」の中で動いていた… 

そしたら、案の定、強制停止がやってきて(歯茎が熱をもって腫れた)1日何もしない日をつくらされたのでした。

そこで、やっと、目が覚めて、

あー自然のリズムからずれてたわ!汗、と気がつきました。

たとえ緊張してる対象が好きなことであっても、自然のリズムの方がうわまわるということがわかった日でした。

「社会」から離れて「自然」の中でリラックスはかなりよいかも(注:私の自転車ではありません笑)

ーーーーーーー

あることをきっかけにやる気がなくなり、生活に全く緊張感やハリがない方は、
エネルギーがブロックされてる状態です。
エネルギー物質をつかってそのブロックを外して、やる気や緊張感を取り戻しませんか。
ご興味のある方は、HPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/

追いかけられる夢をみたら

コンサルテーションで、よくみる夢についてお尋ねしますが、

「追いかけられてる」夢をみたことがある人は、わりと多いと思います。

ついでにいうなら、乗り物に「乗り遅れる」夢をみてる人もわりといます。

これらの夢は、その人の潜在意識にある不安や恐怖、プレッシャーを表してると言われますが、

このジャンルの夢を多くの人がみるということは、

個人ベースだけでなく集合意識の一部を表してるという言い方ができると思います。

追いかけられてる夢や、乗り遅れる夢を、個人ベースでなく集合意識からみると、

追いかけられてる場所は、

家の周りだったり、街角だったり、廃墟だったり、どこかの建物の屋上など様々ですが、

これは自分の周りの「社会」を表していると思います(その人が所属してると感じてる「社会」のメタファー)。

乗り遅れてしまった乗り物は、

その社会の中の「階層」や「到達点」にいくための移動手段や方法を表していると思います。

つまり、これらの夢をみるとき、その人個人は、

自分が認識してる社会的な価値観に追いかけられていたり、

社会で求められてるレベルに自分は乗り遅れてる(そのレベルに達していない)、という劣等感の意識を持ってることを教えてくれてるのですが、

集合意識でこれをみると、

追いかけられてる意識は、

(この社会では)これくらいできないといけない

(この社会では)こうしないといけない

という見えない圧力を受けてることを表し、

乗り遅れる意識は、

(この社会では)いつも精進していかねば遅れをとる

(この社会では)苦しくても頑張り続けて成長しつづけなければならない

というような社会の中で個人の怠惰を取り締まられてるような意識を表してると思います。

今の世の中をみると、数十年前に主流だった、勉強をちゃんとしていい大学にいって、いい会社に入り、いい家に住む、みたいな価値観はかなり廃(すた)れてきてると思います。

そのような誰か(大企業とか一部の層ですかね汗)が得するけど個人は苦しむ価値観のマインドコントロールから外れて、各個人がそれぞれに好きなことをしながら生きていくというのがかなり普及し認められてきてると思います。

生き方から嗜好まで、全てが多様化(個別化)してきてる時代と思います。

でも、上記の夢に現れるような

自分が属してる社会(コミュニティ)で生きるには、

周りの水準から外れると生きづらいからとりあえず合わせる、とか

いつも努力しつづけることが素晴らしい みたいな

見えない圧力というかマインドコントロールは、

まだまだ外れていないのかもしれません。

なぜなら、

周りと協調するのは大事なことだと思われてるし、

自分が属してる社会から外れると孤立するという恐怖は人間にはとてもつらいことだし、

努力して成長していくことは素晴らしいことだという認識をくつがえすのはなかなか難しいからです。

もちろん、これらの価値観が悪いということではなくて、

自分がその価値観を選択して、そうしたいのなら、それは問題ないのです。

XXXねばならない、という義務感はいらない、その縛りが個人の意識を苦しめてるということだけです。

追いかけられてる夢をみるひと、乗り遅れる夢をみるひとは、

すごく頑張ってるひとたちです。

真面目で、努力家で、上昇志向もあって、なんでも一生懸命なひとたちです。

でも、もしこのような夢をみたら、
自分は社会のために、まわりのために、評価のために頑張っていたんだな、と気がついて、その頑張りすぎをゆるめるといいと思います。

周りに合わせて、努力して常に成長して、あー楽しい!って思えるなら、それでいいと思います(だとしたら、こういう夢はみないけど)。

どうせ頑張るなら、そのエネルギーは自分がしたいことを楽しんで頑張るほうに使えばいいのではと思います。

あと、このような夢をみたときに、もう1つ言えることは、

努力していて苦しいとき、それはできてないことにフォーカスしてるからです。

なにかをできるようになりたいと強く思ってる、それは何かができてないという意識の裏返しなのです。

だから、苦しい。

そういうときは、できてないことを認識して苦しむより、今、できてることを認識するほうがよいです。

今、自分ができてることをみていくと、それができてることに感謝を感じる、
そうやって自分ができてるという感覚をもち感謝をもつと、エネルギーの流れが変わってきます。

するとエネルギーの仕組み的に自分に心地よいものが流れてくるようになり、苦しんで努力しなくても幸せな自分になっていきます。

ーーーーー

かくいう私ですが、なぜ、この記事を書いたかというと、

先日まさに夢をみたのでした(今やってる企画のパワーストーンレメディをとったからなんですが)。

レメディをとった初日の夢が、

家の中で追いかけられそうになる夢(あ、追いかけられるなと感じてるとこで目が覚めた)、

翌日の夢は、

都心にいて終電を逃した、でも構内にたくさんの人が残ってるから、そこの私鉄の人が臨時の列車をだしてくれることになって、何がなんでもそれに乗ろうと思ってる夢でした。

これらの夢のおかげで気がつきました。

あー、私、頑張りすぎてるね、一生懸命になりすぎてるなと笑。

なにを頑張っていたかというと… 趣味のテニスです。

フォーム改善にものすごい必死になっていたのでした。

去年末から、テニス環境を変え、スクールにいき、新しいコミュニティにも入って、そこでものすごく上手な人たちを目の当たりにして、

ああいうふうになりたい!

あのひとたちにそのうち勝ってみたい! みたいな動機をもっていたのでした。

私は技術を向上させたり、少しづつできるようになっていくのが好きなタイプなんですが、

それを初めは確かに楽しんでいたはずなんです。

ところが、気がつけばいつのまにか、自分のできないところばかりをみて、できる人と比べて落ち込んでいたのでした大汗。

このような夢をみたのは、私は、10? 20?年ぶりくらいなんです (記憶が汗)。

上記のような典型的な夢を2日続けてみて、あー、そうだよね、私、そういう意識をまだ持っていたんだよね、そしてこれは皆を苦しめてる集合意識だよね、と気がついたのでした。

私が長いこと、この夢をみていなかったのは、あるとき、あることに気がついて頑張るのをやめたからでした。

あることというのは、

なんでそんなに何かを頑張っていたかというと、それで自分が気持ちよくなるため →

これができた自分 これをやりとげた自分 と認めて気持ちよくなるため → 気持ちよくなるというのは、それで幸せを感じたいため なんだと気がついて、

え?!幸せのために今、苦しむ? そりゃ、本末転倒、

だったら、今、すぐに幸せを!と思ったのでした。

具体的には、自分がしたいことじゃなかったらあんまり頑張らなくていいや、

好きなことだけ、やりたいなと思うことだけを頑張ってやろうと決めたのでした。

テニス、好きでやってます、楽しくて、だったのに、違うコミュニティに入ったら、

そこで乗り遅れないようにしようとか、そこのレベルに持っていかねばといつのまにか頑張っていたわけです。

あーしんど汗。

ということで、夢をみたら、つきものが落ちたようにラクになって、

そもそも、この年齢で3、4時間練習できる自分の体に感謝、
長くはないテニス歴でこれだけ打ててる自分の身体能力に感謝、
新しいコミュニティに入れたことに感謝、
もっとうまくなろうと思わせてくれた人々に出会えたことに感謝、
できないところを調べたら教えてくれるテニスYoutuberたちに感謝、
テニスを楽しめる自分のマインドに感謝、
時間できたらテニスにでかけていく私を温かい目でみてくれる家族に感謝、
趣味を楽しめるという自分の今の人生に感謝….と感謝する項目がつきなくなりました笑

いや〜、ほんと、とっくに幸せでした、わたし苦笑。

体の症状も1つのサインなら、夢も1つのサイン、解読できると自分の深いところとコンタクトできたということになります。解読はクイズより面白い〜


ーーーーーー

繰り返し同じ夢を見る方は、夢からのサインの重要度が高くなってるということになります(アラームが鳴ってる状態)。
自分で夢の解読が難しい場合は、一緒にそのサインを読み解くお手伝いができます。

詳しくは、HPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/


パターンを変えるゲーム

例えば、人間関係で問題や悩みを抱えてるとき、

解決に向かえる1つの実践的な方法は、

相手といるときに、それまでとは違うパターンの言動や行動をとってみることです。

なぜなら、悩みや苦しさがずーっと続いていて、解決に向かわないのは、

ずーっと同じパターンの言動や行動を自分がとっているからなのです。

例えば、会社の先輩が苦手で、その人と仕事をしてると体が緊張してしまうという苦しさを抱えているとき、

自分がその人といて、どういう態度をとっているかを、まるで動画にでもとってたつもりで思い浮かべてみてください。

おそらく、毎回同じパターンの言動や行動を起こしてると思います。

例えば、その人が話をしてきてたら、いつも、ただ黙ってうなずいて、ただ時間が過ぎるのをやり過ごしているとか、です。

こういうときは、頭の中の思考も同じ反応しか起こしていなくて、

「ああ、この人ってどうしてこんなに威圧的なんだろう」

「わたしは、こういう人、苦手なんだよね」みたいな見方を膠着させているのです。

ですので、

同じ思考 → 同じ言動&パターン →  その人との関係性はずっと同じ状態

にとどまっているわけで、これをエネルギーでいうと、

そこにエネルギーが流れずブロックをこしらえた状態になっているのです。

そりゃ、本当に相手がとんでもなくひどい人で無理なんです、みたいな現実もあるでしょう苦笑。

でも、相手がひどいからといって自分まで長く苦しむ必要はないので、
この関係性は自分を苦しめてるな、なんとか変えたいなと

気づいたほうの人が(つまり波動が高いほうの人が)

”パターンを変えれば” いいのです。

例えば、いつもただ黙ってうなづいていただけど、

今日は、「はい、はい、と声にだして相槌をうってみよう」とか、

声を出すなんてハードルが高すぎると感じるのなら、

ではせめて、「目をみて思いきりうなづいてみよう」と変えるとか、

もしくはいつもうなづくだけで終わるけど、今日は最後に

「よくわかりました、ありがとうございます」と締めくくるようにしてみようとか、

もっと積極的なパターンで、

「先輩って、いつもすごいですよねと、ちょっとほめてみる」とか、です。

いやいや、先輩が怖すぎて行動にうつすのは無理です、というなら、

思考の反応を変えてみるのがいいです。

いつもの「威圧的な人」と自動的にみる反応をやめて、

「あー、この人も家ではただの女(男)の人なんだよね」と冷静に一人の人間としてみるように変えるとか、

「この人がもし仲の良い友達だったら、あんた、その話し方、怖いよ!って笑ってうまくつっこめるかも」とか、

いつもの自分の思考の反応を変えてみるのです。

そうすると、相手がちょっと違ってみえはじめます。

私はエネルギー療法というのをやってますが、

単純な言い方でいうと、人の問題というのは、エネルギーの流れがとまってるところに起こっています。

同じエネルギーパターンでとどまっていてエネルギーが流れてないよ、というのを教えてくれるために、心や体に痛みや苦しさを感じるようになっているのです。

(そうでないと私たちは気がつけない)

ですので、

もっと楽にいきたいとか、

もっと幸せを感じたいとか、

もっと波動をあげて良い事象を呼び込みたいとか、

そういう場合は、

自分が心地よいと感じていない部分を点検してみて、

そこで同じパターンを繰り返していないか、

同じ思考の反応でものごとをみていないか、をチェックしてみるといいと思います。

別の言い方をすると、

実はすべてのものごとは毎瞬間、あたらしく、起こってる のを、まるで繰り返しのように私たちがそれをみてるだけ、だと思います。

(これを心底腑に落とすのは難しいですが汗)

かくいう私も、今朝、いつもと違う行動をとってみました。

今までなら、少しブロックされた心で送らなかっただろうメールを、ある人に送ってみたのでした。

やっぱり、こうやって1歩すすむと、ふわっとエネルギーが流れて軽くなった感じがします。

そしてこの流れは相手にも影響するだろうなと感じました。

今朝は、そんなことが起こり、なんとなくですが今年は、人とのコミュニケーションの枠を1つ外すときなのかもと感じました。

パターンを変えるというと、抽象的なことに聞こえるかもしれませんが、

この世の人生はゲームみたいなものなので、ゲーム攻略法のように、

これまでの自分とは違うパターンを試してみよ!みたいな軽い気持ちで

面白がってやってみたらどうでしょうか。

実際、パターンを変えると、エネルギーの仕組み上、起こってくることも必ず変わってきますから、それを体験できたとしたら、こんなに面白いゲームはないと思います笑。

フィボナッチ数列に並べられたと思われるステンドグラス(無料写真から拝借しました)
このようなパターンでエネルギーが上昇し流れるのが自然なのだと思います。