SHOHEI OHTANI 効果

2,3ヶ月前のことですが、高校生の息子が、模試だか何かの試験(記憶曖昧、笑)で、

「英語のリスニングテストが校内順位で2位だったよ〜」とご機嫌で教えてくれたことがありました。

彼の父(私の夫)は外国人なので、そりゃそうでしょ、と当然に思う人もいるかもしれませんが、

彼の父はフランス人なので英語を話すわけではなく(仕事は英語でしてますが)、

家庭内で英語を話すことなど全くありませんから、私には非常に意外な結果で、

ええ! そりゃすごいね!!と単に驚いたのでした。

そもそも、息子がリスニングの勉強などしてるところなど1度もみたこともないので、

「一体、どうやって、リスニング能力つけたの?」と質問してみたところ、

あのね、と少し笑いながら教えてくれました。

大谷翔平選手がメジャーで活躍するようになってから、しょっちゅう現地の人がつくった英語版「SHOHEI OHTANI 切り抜きYoutube」をみてるそうなんです。

そうすると、自然とネイティブアメリカンイングリッシュを毎日聴くことになるわけで、

いつのまにかリスニング能力が身についてきたそうです、苦笑。

(もちろん全部聞き取れるわけではなく、リスニングテスト用の典型的な文章みたいなのが聴けるくらいにはなったってことなんでしょう)

SHOHEI OHTANI 効果は、野球だけの世界に限らなかった!!

この彼の秘訣を聞いてから、どれどれ、と私もOHTANI選手の活躍をYoutubeでのぞいてみるようになったのですが、

あるとき、いつのまにか彼の活躍してるYoutubeを楽しみにみてる自分がいるということに気がつきました。

私はテニスが趣味なので、スポーツの試合をみるとしたら、ほぼテニスしかみません。

ですから、野球自体に興味はないのです…..が、OHTANI選手の活躍Youtubeはなぜかその後も自分でみにいってました……なぜ?!と思って分析してみたら、

映像内で聞こえてくるアメリカ人のほめ称え方が私のツボなんだということがわかりました。

アメリカ人のアナウンサーや解説者やYoutuber が、

OHTANI選手を形容する言葉の使い方や態度に触れてるのが、

私を心地よくするので、またみにいこうとなるのでした。

日本でももちろん大谷選手をほめ称えてる映像やニュースはたくさんあるのですが、

日本で褒めてる姿勢をみてると、

解説者が上から褒めるか(まるで親が子供を褒めるような、テクニックを抜き出してそこを褒める)、

突然、「神」のようにあがめて、自分たちとは別格とするような扱い方が多いように

私には思えるのですが、そういうのはあまり心地よく感じないのでした。

アメリカ人たちがつくってるYoutubeをみると、

ほめるボキャブラリーがとにかく多彩で、そのせいか褒め称え方に個性が感じられて、

そこに心が伴ってるのも伝わってきます。

しかも褒め称えるときの立ち位置は、

相手を下におくのでも、上におくのでもなくて、

同列で同等に感じるのです。

ほめる相手に対して、斜(しゃ)に構えていなくて、ハートがオープンな褒めたたえ方だなと思います。

例えばある動画では、

野球の有名なOBの解説者の方が(60か70くらいの人、私には全く誰かわからない笑)、スタジオに来てくれたOHTANI選手に、

「I love you, I really love you!」なんて言葉をかけていて、

きゅーんとしました。ご自身もキャリアを築いてきて有名でプライドもあるだろう男性が、

20代で日本からきて活躍したての選手に、

君はこれがうまいね、とか上から言うんじゃなくて、

I love you なんてストレートに言えちゃうところ♡

OHTANI選手について話す他球団選手のインタビューをみても、

「OHTANIと同じ時期に野球というスポーツができてることが本当にラッキーで、誇りです」

みたいな言葉でほめたたえていて、

ただテクニックや結果をすごいと言ってるんじゃなくて、

ほめる相手と自分とのつながりに感謝してる目線を持ってるところが、

素敵だな〜と思いましたし、それをインタビューでさらっと答えることができるその人(有名な選手のようでした)、

そしてその人の思考を培ったアメリカもまたスケール的にすごいなと思いました。

他の有名そうな野球解説者(この人も誰だか全くわからない、笑)のYoutubeでは、

OHTANIが40号ホームランを打ったときの自分や球場にいる人の気持ちを代弁していたのですが、

「こんな現象をみるのは初めてだ、

皆がOHTANIを応援していて、それは球場にいるときだけでなく、

OHTANIが道を歩いてるときにも皆が彼を応援してるんだ、

自分たちのひいきにしてる球団を超えて、皆がOHTANIがうまくプレイしてほしいと応援してる、

この状態は(皆がすごい試合をみて、皆がなにかを一緒に応援してる状態)、

It’s really cool !! 」と表現してました。

こんな表現をできるひとたち、つまりはそういう精神を持ってる懐(ふところ)の広いアメリカ、

OHTANI選手のおかげで、アメリカの素晴らしさを再発見した私です。

そして、このような映像を多くの人がみてることで(どれも再生回数がすごいので)、

このような人の称え方、人と人とのつながりを称える精神は世界に伝播していくだろうなと思って、毎回暖かい気持ちにもなるのでした。

SHOHEI OHTANI効果、絶大です!

*過去にも大谷選手のことを記事にしてたの思い出しました。
大谷選手に関するのは最初のパラグラフだけですが、ご興味があれば、どうぞ → 目標実現ツール

大谷選手は、Angelsエンジェルス に所属する「天使」ですな笑。

楽しむことでは….

私が人生で最も大切にしていることは、

楽しんで生きる

でした。

でも、それが大きく覆されそうになっているこの頃です苦笑。

少し前のことですが、読んでいた漫画の中に、

なにをしても痩せなかったのに『月曜断食』(関口智さん著)を実践したら

本当に痩せたというエピソードが載っていました。

断食は、少し前からファスティングという言葉で一般化&普及していて、

普及とともに、もともとの水分のみを取る断食から変化して、

XX時間ファスティングとか、1日1食ダイエット(2食をファスティング)などとやり方も様々になっているようです。

ちなみに、私も去年1泊2日の泊まりがけでファスティングを体験してみたのですが、そのときは食べないと1日の楽しみってこんなに減るんだ〜という感想を持ちました(体重はその間は減ったけど、すぐに戻った)。

今回、「月曜断食」という言葉を聞いて、なんだか妙に惹かれたので、

ダンナさんも誘って早速はじめてみました(自分はご飯を食べないのに彼の分をつくりたくないので笑)。

我が家はいろんな事情で月曜の断食は都合が悪いので、ファスティングを「土曜」に設定しました。

今の時点で、4回やってみましたが、完全に水だけではなくて、野菜ジュースの代わりに夏野菜のトマトやきゅうり、スイカをほんの少し食べるという夏バテ防止策を入れた我が家風のやり方にしています。

ファスティング自体は、思ったよりつらくないです。

食べたくてたまらないという気持ちも思ったほど起きません(夏野菜やシソジュースを飲んでるからかも汗)。そして夜に長く起きてるとなにかつまみたくなるから、さっさと寝たりします笑。

体重は今のところ、あまり減っていません汗。

大きな変化を感じるのは、意外にも「意識」です。

まず、食べない日に、少しだけいただく夏野菜を心底ありがたいと感じて、

ほんの数口のものに全神経&感覚を注いで味わえるし、

それが体に起こしてる作用にもはっきりと気がつきます(食べるもので体を動かしてくれてるんだな〜と)。

それは、旦那さんも同じ感想です。

しかし週1ファスティングをやったことで得た私の一番の気づきは、

食べることは、楽しむことではなかったんだ

ということでした。

食べるということは、動物を筆頭に、卵にしろ、野菜/植物にしろ、木の実や種にしろ、

他の生命をいただいて、私の生命をつながせてもらっていることなんだと深いところから理解したのでした。

他の生き物からの生命が自分を生かしてるのに、食べることを「楽しもう」なんてどうしてこれまで思えていたんだろう!?と、そこに気がついて愕然としました。

他の生命をいただくことは(はっきりいうと殺してるわけで)、

楽しいことや喜ぶことではなくて、

それをいただけてることを、ただ感謝するしかないことだとわかったのです。

昔の日本で、いただきますと手を合わせ、黙って静かに食べて、ごちそうさまと締めくくることとか、

キリスト教などで、食事の前にお祈りをして、食事を静かにいただき、食後も祈りを捧げることは、

そのためだったんだ!とやっと理解したのでした(何十年も生きてきて、いま、その地点汗)。

私が小さい頃の実家の食卓で、黙々と食べて、あっという間に食事が終わる、それがいやで、

なんでもっと楽しく生きないの?!と思ってた私、

そして海外にでたときに食事を長時間かけて楽しむ彼らをみて、これが生きるってことだよね、と思った私。

それが、今、ひっくり返って、皆で会話することは楽しむけど、

他の命をいただいてるのは楽しむことではなかったんだなと、やっと区別がついた感じです。

これに気付いてからでも、食事を美味しくいただいていますが(ファスティング してない日)、

以前とは違う心持ちになってます(この心持ちを宗教の言葉でいうと、祝福とか感謝っていうのかもしれません)。

同時に、これまで大好きだったお酒を飲むことにも欲がなくなってきていて、夏というのにビールを1缶飲むのがせいいっぱいになってきてます(→ それでも飲んでるヤツ汗)。

雑音が多いと、大事な聞きたい声が聞きとれないように、

食べ物にしても物にしても、多すぎるときにはよく見えないものが、

少なくすることでみえてくるんですね。

そしてこれまで成果なしの万年ダイエットしてきてるダンナさんですが、

この週1ファスティング が彼にも大きな変化を起こすような気がしています……

我が家の夏の清涼飲料水シソジュース、私は青しそで作るほうがさっぱりしてて好きです。
煮出したあと、大きめの茶こしでぎゅっとしぼります。         
写真は青しそに数枚の赤シソの葉をまぜてつくったもの、ピンクレモネードみたいな色になります。
シソが育ってくれて、それを摘ませてもらってこのジュースが作られ、
それを夏の暑さ対策に私の体にいただけることもありがたい….        
      

ーーーーーーーーーーー

あなたのエネルギーの在り方を調整するエネルギー療法をやっています。

使うのは、レメディやエッセンスという物質です。

ご興味のある方は、HPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/