知らないところで影響しあってる

先日、霜が降りた寒い朝、凍った車のフロントガラスをお湯で溶かしてから(汗)仕事に向かっておりました。

29号線沿いにぽつんと立つバス停を通り過ぎようとしたとき、そこに70代前後と思える小柄な女性が姫路行きのバスを寒そうに待っているのがみえました。

襟なし前開きジャケット(いわゆるシャネルスーツと呼ばれる上着)を着込んでいるけど、下は動きやすさを優先した”ズボン”のような感じのいでたちの彼女をみた瞬間、頭に自分の母親が浮かんできました。

20年も前の出来事ですが、義理の母が、結婚式をあげなかった私たち夫婦を親しい人々に顔見せをしたいと友人や親戚を招いて食事会を開きました(フランスのレストランで)。

その食事会に私の両親も挨拶がてら日本から参加することになったのですが、そのときのことをバス停に立つ女性をみて思い出したのでした。

海外旅行も生まれてはじめてなら、フランス人達との食事も当然初めてのいわゆる田舎ものの母が、”初めてづくし”で判断がつかなくなったのか、食事会で着る服が自分の選んだものでいいかどうか私にみてもらいたいと私を呼びにきました。

母のスーツケースから出され、そこに並べてあった服やアクセサリーは、相当にちぐはぐな組み合わせでした(汗)。

母が選んでいた上着がバス停にいた女性と同じ形だったのと、上下の組み合わせがちぐはぐだったことから、そのときの母を自動的に連想したようです。

そして芋づる式に、母の選んだちぐはぐな服を横目にみていた父の姿も思い出され、ああ、あのとき二人は人生初の出来事に舞い上がってたな〜、と当時のことが思い出され、ふと、涙がでてきました。

今はもう浄化はしたけれど私のトラウマの元となった両親、クセが強くて面倒くさい人たち、今では私はそれぞれをただの一人の人間として中立的にみているけれど、

でも「わたしの」お父さんとお母さんとして私を育ててくれた人たちなんだと改めて思い返すと、温かい涙が流れてきました。

そして、やはり独特なクセのある兄や妹、なにかに凝り出したらオタク気質になる私たち3人きょうだいのことも続けて思い浮かんできて、

あー、わたしらしい家族なんだ〜と苦笑しました。

そしたら逆にそのクセのある家族たちが愛おしくなって、温かい涙がもっと出てきました。

あの日あのバス停で寒い中バスを待っていたあの小さな女性は、

まさか、自分がそこに居たことで私に「癒しを起こした」とは想像もつかないでしょう。

しかしヒーラーでもセラピストでもない彼女が立っていただけで、私に深い癒しを起こしたのでした。

人はこうやっていつも他の人に影響を与えていると思います。

人はそこにいるだけで、他の人になにかの刺激を与えていると思います。

私なんて何の役にも立っていない、などという方がいますが、

今回のバス停に立っていた女性のように、意図しなくても、ただいるだけで、その存在が他の存在になにかをしていると思います。

実は私たちは1つにつながっている存在だから、とも言えますし、

この世は鏡のようなもので、他人をみることで自分のことを学ぶようにできてるから、とも言えると思います。

だから、あなたがただそこにいること、それがとても大事です。

↑ ニャンコがそこにいて、仕事の妨げになることも、だからとっても大事です……

*ちょこっとカウンセリング12月は、日程の都合がつかずお休みとさせていただきます。

落差があるから

私の家から、5分ほど車を走らせたところに滝が幾つもあります。
↓ これは観光写真からお借りしたもの。

こちらは先日義理の妹家族が遊びにきたとき一緒に行って撮影したもの。
人がうつってるので大きさがわかると思います ↓

滝は、落差があればあるほど水の勢いが強くなり、

水量が多いところなら大迫力の滝になり、

水量が少ないところなら白糸のような繊細な流れの様相をみせてくれます。

滝をみてると、落差があるというのは魅力なんだな〜と思います。

折しも上記の滝を訪れたとき、ダンナさんの7つ違いの妹の落差をちょうど発見したところでした。

ソフィ(義妹の名前)は、亡くなった義理の母によると、一回も勉強しなさい、と言ったことがない子で、それどころかむしろ逆に、

もういい加減、その辺で勉強やめときなさいよ

と言わないといけないくらい、ほっといたら何時間も何時間も勉強してしまう子だったそうです(大汗)。

ソフィは数学が得意だったそうで、その才能を生かしファイナンス分野に進み、現在はお金持ち専用のジュネーブの銀行で働いています。

彼女の勉強しすぎるエピソードは、集中力が人並み外れていたということも表すのでしょうが、遊びやゆるみを持たない感じがして、なんとなく私をビビらせておりました(自分ができないから、苦笑)。

実際、これまでソフィとは話をしてもなんとなく深いところで通じない感じで、わりと表面的につきあってきたところがあります。

それが今回の滞在中、ソフィ家族と裏庭で皆で卓球をしたのですが、

私 VS ソフィ になったとき、

過去に彼女とテニスやバトミントンを一緒にしたことあるけど、いつも消極的な冷めてる感じだったので、

悪いけど、簡単に勝たせてもらっちゃうよ〜 とやってみたら、

ソフィちゃん、めちゃくちゃアグレッシブでした!!(大汗)

その彼女の戦う姿が、意外すぎて面白くて、

「ソフィ、すっごいアグレッシブだね!」と笑いながら言ったら、

彼女も笑いながら、でも、どんどんコーナーをついて打ってきてました….。

なんでも、高校のときに卓球をしてたことがあるそうです。

ひたすら真面目に勉強する秀才で、そのまま銀行勤めしている固いソフィ像と、簡易卓球台でアグレッシブに卓球をするソフィ像の落差がすごくて、いいね!と思ったのでした。

滝と同じで、落差って強烈な魅力になるな〜

見た目ぱっとしない居酒屋で、何も期待しないで頼んだら、どの料理もすごく美味しくて店の評価がぐんと上がることってあると思います。

その居酒屋が見た目もそこそこ綺麗で、味もまあ良かったとしても、そこまで評価はあがらないでしょう。落差があるとそこに人はぐっと惹きつけられるのだと思います。

お嬢様みたいな人が、実は空手の段位者だと聞くとおおっ!となるし、

アイドルの男の子が、男の色気をだす役をこなしてると、そのギャップに萌えると思います(私だけ?!)。

滝 に人が惹かれるのも、あの落差で起こる水の様相が美しかったり、豪快だからでしょう。

と、落差について考えていたら、これは人の人生についても言えるなと思いました。

幼少期に極貧だった人が、苦労して起業してお金持ちになった

極貧とお金持ちの落差が激しければ激しいほど、その喜びや達成感は大きいと思います。

同じように、

小さい頃に家庭環境で幸せを感じられなかった人や、

学校でつらいいじめを体験した人たちなど、

この人たちが大人になってそれらの心の問題を克服して幸せになったときの落差は非常に強いものだろうと思います。

もともと幸せに生まれ、幸せに育った人には味わえない、落差の大きな幸せ。

その落差は大きければ大きいほど、特別で豊かな体験なのだと思います。

その落差の大きな体験をするためにあなたは選ばれた(魂が選んだ)、と言えるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーー

私もかつて、幸せって何よ?!と思っていた時期がありました。
今は、大概なんでも幸せと思えるようになりました。
その落差を知ってるから、今の幸せはとても強くて深いものです。

不幸せとしか思ったことがないあなた、あなたも真逆の落差を味わえるひとです。
幸せに変換していくのは、あなたですが、そのお手伝いができます。

興味のある方はHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーー

我が家の近くの滝は、こちらです:

https://www.himeji-kanko.jp/search/48

自分を変えるには

最近の好きな言葉: 

I am perfectly imperfect.

完璧であるがゆえに、私は不完全でいるのです(私の意訳)。

もともと私たちは完璧な存在なのですが、不完全さを体験するために今、この世にいるのだと私は理解しています。

だから、私たちの不完全さは、完璧に意図されたもので、わざと不完全でいるのです、つまり、この不完全さは完璧さの表れでもあると思っています。

などと….. ごちゃごちゃ言わなくても、

だから、今の私で、今のあなたで十分。

わーい♪ じゃ何も頑張ってしなくてもいいや〜ってことなんですけどね。

とはいっても、人というのは何もしなくてずっと満足しておけないようにもなっているようで、

自分を変えていきたい、もっとよくなりたい、もっとこの世を良くしたいと自然に思うようにもできてるようです。

自分を変えていきたい、と漠然と思っても、

何からやればいいの?!となるかもしれません。

そういうとき、今すぐにでも実行できることがあります。

それは

「新しい選択をする」

ことです。

どんな小さなことでもいいので、さっきまでとは&これまでとは違う、新しい選択をすることが自分を変えていくことにつながります。

ずっと朝はコーヒーしか飲まない人が、今日は緑茶にしてみようと思うこととか、

いつも同じ道を通って会社にいってたのが、1つ後ろの道を通ってみるとか、

今日は違うジャンルのブログを検索して読んでみるとか、

新しい選択をするということは、違う考えや趣向を取り入れるということで、自分の幅が少し広がります。

言い方を変えると波動を自分で少し変えるということで、

そうすることで、自分の考えや物の見方が少し変わってきて、ひいては身の周りに起きてくることも変わってきて、つまり自分を変えていくことにつながっていきます。

したくないことをする、ということでなく、

これまで A しか選択してこなかったけど、Bもあるし、Cもあるよね、という異なる角度の視点を持ち、新しい選択をしてみるということです。

いつも上からモノをいう上司をみるとイライラする、

こんな心の状態についても新しい選択ができます。

上司を違う角度でみてみる、という新しい選択をするのです。

その角度はナンでもアリ:

「この上司の上から目線の態度、どこで学んだんだ?!父親からか?!」

って心で突っ込んでみたり(=上司を理解しようとする選択)、

「よくみると、このオッサン、意外と指が綺麗だな」

って違うところに視点をもっていったり(=上司のよいところを探す選択)、

「この上司がコスプレでプリキュアの格好したところ想像してみよう」

って思ってじっとみつめたり(=イライラはやめて笑ってみようと思う選択)、

「上から目線でいつも言うのも結構疲れるだろうな〜」

って同情してみたり(=共感してみようとする選択)、

なんでもいいので、自分が昨日まで持っていた考えや視点とは違う、新しい選択をしてみること、そしたら新しい流れがおきてきます。

ということで、今の自分でも十分素晴らしいのだけど、もうちょっと良く変えたいなと思ったときは、とりあえず新しい選択をしていくのがオススメです。

↑ 最近、新しい選択をしたら、その帰り道にお目にかかれたグラデーションの不思議な夕焼け。
その新しい選択は温泉。温泉特に好きなわけではないのですがテニスの後に温泉いってみるのどうだろうと行ってみたら(車で30分くらいのところに幾つかあります)、ジャグジーやジェット風呂があって思った以上に筋肉がほぐされ、こりゃいい!と思いました。 

家に帰ってお風呂にはいるより気持ちがよくて、大勢の前で裸になるのも、自分の弱さをさらけだすようで(?)、私には大事だなと思いました。さあ、次はどんな新しい選択をしようか〜♫

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと大きく自分を変えたい方、ホメオパシー療法やカウンセリングでそのお手伝いをします。

私があなたを変えるのではなくて、あなたが自分で様々な気づきをしていきながら、あなた自身を変えていくことができます。

ご興味のある方はHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/

レメディ代金変更のお知らせ

このお知らせは、すでにホメオパシー療法にかかっていただいてる方に向けてのお知らせです。

・これまですでに取っている同じレメディを再度出して欲しいという方

・フォロー中の方で、急性のレメディを必要とする方

に、送付するレメディ代金を良心的?な価格 1.000円にて設定しておりましたが、

レメディ選択にかかるメールでのやり取りなどの労力、発送にかかる手間や所要時間に加え、10月からの消費税値上げの余波を考慮して、

上記のような場合のレメディ代金を、本日10月21日から

2.000円税込に変更することにしましたのでお知らせします。

ご了解いただけますようお願いします。

(コンサルテーション代金は現時点で据え置きにします)

好きと嫌いからみえてくるもの

ここ何年も、私の趣味はテニスです。

観るのも好きだし、自分がプレーするのも大好きで、外のコートで年がら年中テニスをしてるので、肌のシミが半端なし(涙)。

テニスプレーヤーで私が一番好きなのは、錦織!(親しみをこめて呼び捨てです)。

ポイントを勝ち取っても拳をぐっと握りしめるだけ、相手に向かって吠えない姿勢、テニスなのにまるで「剣」の戦いのような静かなプレーと人柄が好きです。

技術的にも錦織のフォアやバックハンドの正確なダウンザライン(サイドのラインに沿って打つ球)をみると、毛筆で1文字すっと書き上げたようなすっきり感をもらえます。

他には、シャポバロフ(カナダ)というレフティ(左利き)の選手も好きです。

やんちゃなお兄ちゃんのような若者なんですが、思い切りの良いバックハンド、飛び跳ねるような元気なプレー、テニスが楽しくてたまらない感じが好きです。

他にはニック・キリオス(オーストラリア)のプレーを見るのも好きです。

見た目はヤンキーちっく(苦笑)、しかも日本のお母さん達に怒られそうな「猫背」なんですが、天才的な運動神経で、フェデラーやナダルとも張り合うレベルの試合をします。

審判や観客に文句を言って厳重注意や処罰もくらう選手なのですが、主要な試合でまさかのアンダーサーブをしたり、ここぞというタイミングで力の抜けたショット打ってみせたりと奇想天外なプレーをみせてくれます。

真面目で真剣すぎるプレーヤー達に、おいおい、固すぎるぜ!って、合いの手いれてるようなプレーが面白いです。

一方、個人的にあまり好きではないのが、現在ランキング1位ですがジョコビッチ(セルビア)と若手有望株のチチパス(ギリシャ)といった選手です。

ジョコビッチは、頭脳プレーで隙がないところが素晴らしいですが、

自分がポイントを勝ち取ったときに観客を扇動して(もっと声をあげて賞賛して!とアクションで煽る)自分の味方につけて、相手のメンタルに働きかけるところがあまり好きではないな〜と思います。

チチパスもジョコビッチも、オラオラ!俺が勝つぜ!みたいに(あくまで私の主観です、汗)相手より自分がいかに勝つかにフォーカスしてるように見えるところや、ポイントを勝ち取ったときに相手を威嚇するような目線が見ててなんとなく気分悪いなと思ってしまいます。

と、テニス選手の好き嫌いについて、完全な個人的主観で書きましたが、これらから見えてくるものがあります。

それは私が持ってる「思い込み」です。

好きな選手を通してみえてくる私の思い込み;

ー勝つのは自分に、であって相手にではないという姿勢がいいと思いこんでる

ー楽しくプレーするのが何より大事と思いこんでる

ー真面目すぎたら、あかんと思いこんでる

嫌いな選手を通してみえる私の思い込み:

ー相手を落として自分だけが上がるのは良くないと思いこんでる

ーエゴを丸出しにして勝つのは醜いと思い込んでる

上記のような思い込みがあるから、そこに感情的に反応して、それが好きとか嫌いという感覚としてあがってきてるわけです。

思い込みは、別に悪いわけでもないのですが、思い込みがあると嫌いという感情が先立って判断するので自分の許容範囲が狭まります。

これがテニスのことだけならまだいいですが、それが生活全般にまで影響を及ぼしてると(嫌いだから避けるので)、活動範囲も人間関係も狭めることになります。

例えば、人を蹴落として自分が上がるのは良くないと思いこんでる

の思い込みをはずすと、

ルールが決まったゲームで、観客を扇動して自分のメンタルを上げて勝つのも1つの戦略、そういう全ての戦略を駆使して試合に臨むことも素晴らしい

と思えて、ジョコに対する見方が変わります。

そして彼のスーパー頭脳プレイをおお〜っ!と感嘆の目でみれる。

そうなると、似たような野心的でガツガツしてる人たちをも、おお、戦略総動員でやってるね!と暖かい目でみれる、

そして許容範囲が広がるので、そういう人たちとの交流も増えていくかもしれず、ひいては自分の経験が豊かになっていくかもしれません。

ということで、好き嫌いがはっきりしてるとき、それを探って自分の思い込みに気がついて、それをゆるくすると、

自分のキャパを広げることができ、自分が豊かになっていきます。

それは、つまり幸せも増えるということだと私は思います。

と、そこまで書いててなんですが、まーそれでも、やっぱり私は錦織が好きですけどね(苦笑)。

私のメダカ達、どんどん増えて今や軽く300匹は超えてると思う….
私に会う機会のある方でメダカを欲しい方は差し上げますので言ってくださいね〜 ↓

ーーーーーーーーーーーーーー

好き嫌いが激しすぎて、自分の許容範囲がせまくなりすぎてる方。

もう一回り大きく暮らしてみませんか。

自分でも気がつかない好き嫌いのもとになってる思い込みを外すお手伝いをします。

ホメオパシー療法、カウンセリンングにご興味のある方はHPの方へどうぞ:
https://arnicahomeo.com/

ノンデュアリティ

このことをblogに書こうか、ずーっと思案していました。

自分が完全に理解してから書くのが筋でしょ、と思っていたけど、完全に理解して伝えるのは死ぬまで無理だろう(汗)と思い、書くことします。

ノンデュアリティとは、別の言葉でいうと「一元の世界」のことです。

私たちが暮らしてるこの世が二元の世界で、現実には一元と二元の2つの世界しかないという話です。

3次元の「次元」とは違う概念ですので、ご注意を。

ノンデュアリティ=1元の世界とは、一般に馴染みの言葉でいうと

「悟り」の世界です。

この世には実は何にもなくて、”何にも”というのは、今、私たちがみてる全ての物、人、国、霊やら守護天使やら、地球や時間という概念も含めて、この世の言葉で話される全ての物事や現象がない世界のことです。

あるのは、神というか大元のエネルギーだけ、それを「空」ともいいます。

実は「私」は「空」だった、「空」は別名「愛」ともいうと私は理解しています。

は?!って感じになるかもしれませんが、ここ数年、望みもしないのに(汗)その世界に導かれてきました。

ノンデュアリティを初めて聞いた方もあるかもしれませんが、検索するとかなりの情報がヒットしますので、この世ではそっちのほうへの流れが起きてるのだと思います。

この世は、なーんにもなかった、というのが真実と私はなぜか知ってるのですが、かといって実際にこの二元の世に暮らしているのも事実です。

じゃ、その何にもなかったことを知ったからといって何になるの?

と言われるかもしれませんが、知ると楽になると思います。

私がやってるホメオパシー療法もカウンセリングも、一体何を目的にしてるかというと、もっと楽に生きるためです。

この世の仕組みに気づきだしてから楽に生きられるようになったので、同じように楽に生きれるお手伝いをしたいとやってます。

でも、ぶっちゃけ、ホメオパシーやらヒーリングやら、カウンセリングもなにもなくても、一足飛びに楽になる方法をみつけてしまったので、

それはお伝えしたほうがよいだろうと記事を書きます。

すぐに楽になる方法、それはこの世は全て幻だと気づくことです。

毎日あくせくして苦しんでることも、悩んでることも、つらいこと、悲しいこと、喜びも含め、すべてが夢のようなものなのです。

だから、それに苦しまなくてもいいんです。

とは、いっても、それが腑に落ちないと楽にならないんですよね…..(大汗)。
そしてそれを知っても苦しみが完全になくなるわけではない(この現実世界で生きてますので)、でも知ってるのと知らないのでは、苦しみの深さが相当に違います。

ということで、無力ながらホメオパシー療法やカウンセリングで、とりあえずこの世での苦しみから少しでも楽になれるお手伝いをしております。

上記を読んで、一元の世界になんとなく惹かれた方、検索していくと、どんどんそちらの楽な世界に導かれていくかもしれません….

一元/悟りの世界を、心に響く言葉でしかも気楽に(ここがポイント!)ぶれることがなく伝えつづけてくれてるのは、阿部さんです:Blog かんながら

こちらは説明困難な悟りの世界を非常にわかりやすく説明してくれてる地球ひろしさんの動画。前半は関連書籍紹介で後半が一元世界の説明です:悟りのトータル解説

↓ この記事書こうとした朝に、小鳥が隣の家のヒバ?の木のてっぺんで長いことさえずっておりました。清らかでした〜

ちょこっとカウンセリング10月

単発で受けられるカウンセリング、 10月の日程のお知らせです:

10/15 (火) 加古川市 Cafe de 秀さん 店内個室 にて

料金: 4.000円税込 
*バッチフラワーレメディを処方してほしい方は + 500円となります。

下記の時間帯の中からお選びください:
①9:30〜11:30

②12:00〜14:00

③14:30〜16:30
ーーーーーーーーーーーーーーーー

10/25 (金)姫路市安富町 ネスパル安富 3F 第二研修室 にて

料金:3500円税込(私の居住地域までお越しいただく交通費のため、加古川より割安にしています) 
*バッチフラワーレメディを処方してほしい方は + 500円となります。

下記の時間帯の中からお選びください(今回は都合により2枠です):
①12:50〜14:50

②15:00〜17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーー

申し込まれる方は、

①ご希望の日時と場所

②お名前

③当日連絡のつく電話番号

を明記して、customerarnica@gmail.com までメールしてください。

↓ 窓際に段ボール置いてみたら、早速入ってるスコッチ。
こういう姿をみると、箱が空いてもついつい取っておきたくなります。