毎日の生活にちょっとだけ足す

先日ダンナさんと私の共通の友人である男性が、仕事で効率的にパフォーマンスをあげる1日の公式(数式)を面白半分に書いてe-mailで送ってきました。

公式を思いついたりするのは、彼がユニークな発想を持ってることに加え、現在海外に単身赴任中で仕事に思い切り打ち込んでいるからだと思われます。

彼のその1日の公式をみながら(許可がないのでここで紹介できませんが)、その効率重視の公式に、私が考える2つの項を足すことを提案しておきました。

1つめの項は、CT1 Connection time の単なる略なんですが、地球とつながる時間を指します。

自分の生活から少し離れて、地球というか自然を感じる時間のことです。

私がしてるのは、裏の畑から山をみあげ、木々をみたり、目をとじて野鳥の鳴き声を聞いたり風を感じたりすることです。

すごく忙しい日でも、洗濯物を干しにいくor取り込む間の外にいるほんの数分だけでもこれをするようにしてます。

自分の日々の仕事、家事、用事や目先の心配事から少し離れて、自分が属してる自然=地球にわざと注意を向け、自分がどこにいるか感じるようにしています。

これには色々な効用があります。

日々の狭い視野から一時でも解放されるし、心も少しばかり癒されますし、見えないけれどエネルギーももらえます。

私の住む場所は特に自然とつながりやすい環境ですが、都会に住んでいても、空も風もありますし、公園にいけば木があるし、家にある植物を使ってもこれはできると思います。

もう1つ加えた項は、 CT2  で Compassion time の略です。

これは「愛」を感じたり「善いこと」を思う時間を指します。

自分のするベきことや考えないといけないことで頭がいっぱいな時でも、意図的に愛や善いことについて感じたり思ったりする時間をつくるのです。

愛、というとピンとこないかもしれませんが、心が暖かくなることを思い描いたり、思い出すことです。

最近の私ならもらわれていった子猫達のことを思い浮かべます。愛するもののことを思い浮かべると、すぐに頭や心はきゅんと暖かく柔らかくなります。

子供と言い争いをしたときでも、彼が可愛かったときのこと(汗)を思い出して、心を暖かくします。

恋愛進行形の人なら、好きな人をいつも思い浮かべてるでしょうから、これはわざわざしなくても日常に組み込まれていると思います。

もう1つの善いことについて考えるというのは、自分以外の誰かに”善い思い”を持つことを指します。

病気をしてる誰かに良くなりますように、と思いを送ったり、すごくつらい状況にたたされてる人に、うまく乗り切りますようにと願ったりすることです。

紛争の起きてる地域の人々の幸せを願うことでもいいですし、住むエリアがせまくなってしまった野生動物のことを慈しむのでもいいです。

善行はしようと思っても、すぐにできなかったりするのですが、誰かに善い思いを持つことはすぐにでもできます。

自分の心に愛を感じたり、自分以外の誰かに善い思いを持つことは、できれば毎日両方するのがいいと思いますが、どちらかしかできない日もあったり、気がつくと自分のことで頭がいっぱいで1日終わってた、なんて日もあったりもします(汗)。

いずれにしろ、どちらも、やるととても心地良いです。

特に人に対して善い思いを持つことは、意外かもしれませんが、自分が個人的に叶えたい何かについて思いを巡らせるよりも、何倍も心が満たされることだと気がつきます。

送られてきた友人の公式には上記の項は書いてなかったけれど、項が書いていなくても、彼が離れて住む家族を思う愛の時間はしっかり彼の毎日に組み込まれてると思います。

↓ 私が自然を感じるときに、毎日みている裏山。時々、鹿が休んでるのがみえたりします。sketch-1498177419011

DSC_3249.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛を感じたり、人に善い思いを送ろうとしても、恨みや怒りがでてきて邪魔されてしまう方。
恨みや怒りは、ゴミみたいに掃除して自分の中から掃き出すことができます。
1人でやるのが難しいときは、ホメオパシー療法のレメディがお手伝いできるかもしれません。

ご興味のある方はHPの方へどうぞ: https://arnicahomeo.com

 

 

 

ホメオパシー初心者向け講座

7月18日(火)10時〜 宍粟市にて

「 ホメオパシーってなぁに? 

   初心者向け講座 」

を開催させていただきます。

タイトルのとおり、自然療法であるホメオパシーが全くなにかご存知ない方に向けたお話会です。

ホメオパシーは、以前住んでた東京だと2割くらいの方が名前は知っていました(子育て中のママの統計ですが)。もし自然派のママの集まりだと3〜4割はいくとおもいます。

今、住んでる姫路市山間部では1割にもみたない、というかほぼゼロといっても過言ではない知名度です(汗)。

という環境なので隣町の宍粟市でも、ホメオパシーについての講座が行われるのは史上初?!のはず、話す私もちょっと楽しみです。

ホメオパシー療法というのは、いわゆる自然療法で、心身に不調が起こったときに自分の体が自分で治そうとする力=自己治癒力を邪魔しないで助ける療法です。

体が自分で治そうとする力を邪魔しないで助けていくとどうなるのか?!

わかりやすくいうと免疫があがるんですが、自己治癒力が強くなっていくので、どんどん病気をしずらい体になっていきます。

なんだかわからないけど、自分の体の力で健康になれるなら興味があるわ、子供にそうなって欲しい等思われる方々、どうぞこの機会にご参加ください〜

当日はお試しレメディ2本(ホメオパシー療法で使う物質。↓ 写真にうつった小さな白い粒がレメディです)のお土産つきで、お茶と自然派お菓子も楽しめるというお得な企画です。

IMG_20170620_123346

少人数の緊張しない気さくな講座になると思いますので、お一人でもどうぞ気兼ねなくご参加くださいませ。

開催してくださるのは、Whole Foodのインストラクターで、環境や食をまるごと考える活動をされてる井上由岐子さんです。

詳細&申し込み先は、下記の彼女のBlogを御覧ください:

http://ameblo.jp/yuccccccco/entry-12285054453.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この機会に、ホメオパシー療法に本格的にかかってみたいという方はHPの方へどうぞ;

https://arnicahomeo.com

 

もう一匹の子猫のこと

先日6匹の子ニャンズ達は無事に里親さんに引き取られていきました(涙)。

が、実はもう一匹我が家には子猫がいたのです。

その子はキジトラのメスで、近所の山水が流れる側溝に落ちて鳴いていたのを息子が連れて帰ってきました。

大人は車で通るから気がつかないけれど、自転車で通る息子には鳴き声がちゃんと聞こえたらしい。

なにせ6匹の里親が決まってもうじき引き渡して終了というところだったので、なんで、また今、子猫、勘弁してよ〜の気持ちが上回っていたのですが、保護しないわけにもいきません。

山水で濡れていたので、子猫を洗面台で丸洗い → これ、始めての体験でした。

水が嫌いな子猫は暴れまくるかと思ったけど、冷たい山水に濡れていたせいか、温かいお湯に浸けてあげると静かになりました。みゅ〜。

ドライヤーで乾かして、ミルクとフードをあげるとがつがつ食べました。

やせ細ってなかったし、便も普通だったので、恐らく側溝に落ちてわりにすぐに息子に拾われたのだと思います。

我が家の6匹兄弟達とほぼ同じ大きさなので、生後1ヶ月ちょっとと思われます。

この子猫、最初は瞳が小さくて、器量は普通にみえたのですが、家で数日過ごすととっても可愛い子猫ちゃんだったことがわかりました ↓

DSC_3227

IMG_20170601_152652

虹彩(瞳孔のまわりのリング状の部分)学というものでは、何歳頃になにか悪いことが起きたとか食べ物の影響までわかるほど虹彩部分に記録が残るらしいのですが、この子猫ちゃんも生後1ヶ月くらいで母猫にはぐれて溝におち、さぞかし怖い目にあったんだろうな〜と想像できるほど、拾われてきたときと比べて瞳の部分が変わりました。

でもすぐに人懐っこくなって、膝の上に当たり前のように乗ってきてちんまり眠るのが、たまらなく可愛い子でした。

その後、獣医さんに連れていきノミダニ&寄生虫の駆除をしてもらって、里親を募集したら、またしても当日中に里親さんが決まりました。

そして先日とっても可愛がってくれそうなご夫婦に無事にもらわれていきました。

短い間だったけど、6匹ニャンズと一緒で、君のことも忘れないよ〜

DSC_3199

”百万回生きた猫”を思わせる子でした。

子猫でいっぱいだった我が家は今や、しん、として、寂しい限りです…。

 

完璧主義におちいるとき

私、完璧主義なところがあったりします。

特に自分の思い入れが強いものには、一生懸命なりすぎなところがあります。

↑ これ完璧主義者の特徴でもあります。自分のやりたいことやできることにはこだわるけど、そうでないものは相当いい加減になる。

 

物事を完璧に「やれる」ならいいんですけどね、

完璧に「やろうとする」とき、自分で自分を苦しくしてることが多いです。

 

完璧にやろうとすると、そのことについて考え&動く/働く時間が長くなって、心も身体も疲れます。

そして自分が完璧と思える状態に持っていくことができないと、達成感がなく、完了した気にもなりません。

ちょうど今日もそんな状態におちいりそうになっていたときに、ネット上で目に入ってきた言葉がコレ:

Done is better than perfect.

完璧を目指すより、終わらせる

 

ザッカーバーグ(Facebook創始者)が言ったらしく、Facebook社の社訓にもなってるんだとか。

なるほど、私にはとても響く言葉です。

別の言葉で解釈するならば、

今の自分の力不足を受け入れて(=ありもしない完璧を目指さずに)

今できる力で完了させる ってことかなと思いました。

おかげさまで、棚上げにしていた(納得してなくて保留してた)仕事をさらさら〜っと終わらせることができました。

ーーーーーーーーーーー

2匹里親にもらわれていき、4匹になった子猫達↓

今週、全員がそれぞれの里親さんにもらわれていきます(嬉でも涙)。

DSC_3114

手作り番茶

お世話になってる近所のSさん家は、一家で飲むお茶を毎年手作りしています。

去年と一昨年は忙しくて参加できなかったけど、今年は日がピッタリ合ったので参加させてもらいました。

ただ、茶葉を摘みにいく時間まではなかったので、Sさんの奥さんが先に摘んでおいてくれました(感謝)。

この辺りは茶ノ木がそこら中の山に生えているということもあり(過去には皆が自家用に茶ノ木を植えていたので)茶摘みといっても丁寧に葉だけをつみとってくるのではなく、一番茶となる新芽のでてる枝ごと豪快に採集してくるのです(汗)。

ですので、作業としてはまずは一番茶と呼ばれる新芽だけを枝からちぎり取っていきます。
新芽だけを摘み取ったところ ↓

DSC_2964

キレイな緑色に癒されます。生のまま口にいれて噛んでもお茶の味。

茶葉だけを集めたら、次はおおきな鉄の鍋で炒っていきます ↓

DSC_2958

炒ったら、乾かし干します。しばらくしたらまた炒ります。

Sさん家用の今年の茶葉 ↓ さすがに一年分は大量です。

DSC_2956

私は仕事があったので2回炒った後に我が家用の分を持ち帰りました。
その後は忙しかったので、数日、ざるの上で干しておきました。

そして時間ができたときに、家の中で今度はフライパンで空炒りしました↓

IMG_20170525_064909

炒っていると、お茶屋さんの前を通るときのあの香りがしてきます。
吸い込んでると身体も家の中も浄化されるような何ともいえない高貴な香り。

茶葉を干す回数や炒る回数はそれぞれの家の好みにより異なるそうで、
蒸す人もいるらしい。

私は家で2回炒りました。そして保存瓶にいれてできあがり ↓

DSC_3103

その後は、やかんなどで麦茶みたいに葉ごと煮立ててもよし、急須で入れてもよしです。
Sさんの奥さんは、やかんで煮立てる前に、軽く茶葉をフライパンで毎回炒るそうです。そうすると香ばしさを一年中味わえるんだとか。

私は梅雨の時期にもう一回だして、ほうじ茶くらいの色に炒ろうかなと考えてます。

DSC_3109

番茶って下級煎茶の呼び名と思いますが、このホームメイドのお茶は一番茶のみのぜいたく使用だから高級煎茶でもあるのでは?!

お茶をつくる手間も時間も相当かかるな〜と思うけれど、お茶の新芽に触れる作業は、目から手から鼻からと身体にとてもいい影響があるだろうなと改めて思いました。

カテキンやビタミンCも多い新茶、お茶殻は掃き掃除にも使えるので無駄なし、です。

 

仔ニャンズ里親さがし

我が家に産まれた6匹の仔猫達の里親探しですが…..

なんと一晩!でみつかりました。6匹とも、です。

さすがに、びっくりしましたね(汗)。

里親探しの記事等をシェアしてくださった方々、ご協力どうもありがとうございました。感謝です。

なにせ6匹もいるもので、1週間前までは万が一誰も里親候補が現れなかったら、先住猫も合わせた計8匹の猫がせまい我が家のあちこちにいて….ひ〜と頭の中はクラクラしておりました。

実際、里親探しへの反応は全然よくなかったんです。

まず声かけをしたのはご近所さん達やその知り合いでしたが、私の住んでるいわゆる田舎の地域は、犬派の比率が圧倒的に多くて、猫を欲しい人はほぼいませんでしたね。

Blogなどで呼びかけ、数人ほどOKの返事をいただいたのですが、いざ話を詰めていくと、家が遠かったり(新幹線に乗る距離)、やっぱりペットは飼えないみたいな結末になり、1週間前には里親候補者は実際ゼロでした(冷汗)。

苦労話の前置きが長くなりましたが、里親がみつかったのは、ネットの里親探しのサイトでした。

その日は朝から6匹それぞれの写真をとったり情報をアップして、ほぼ1日がかりの仕事になったのですが、一匹目の里親募集の記事を投稿して数分後に、すぐに応募がありました。

2匹目もすぐでした。しかもそれぞれに複数の方からの応募が入りました。

反応が早くてびっくりですが、猫が欲しい方は逐一新着情報をチェックしてるということみたいです。

そして、その数時間後には4匹に対してそれぞれ里親候補者の応募がありました。

その晩、私が寝るまでの時間では、残る2匹の里親候補がまだ現れてなかったのですが、一晩寝て起きたら残りの2匹にも里親応募が入ってました(驚)。

たったの一晩で、しかも寝てる間に、6匹全員の里親がみつかるなんて!

なんとありがたいサイトでしょうか、感謝感謝です。(”ぺっとのおうち”というサイトです)

具体的な引き渡しはこれからですが、本当に助かりました。

生後1ヶ月を迎える今週、子猫達は可愛くて可愛くてたまらない外観になってます。

このチビ達ともお別れかと思うと、かなり寂しいです。

子猫がいなくなった母猫の寂しさを思うと、それもまたたまらない気持ちになります…一緒に育ててあげられなくてゴメン!

↓ 母猫と同じ柄の器量良しのキジトラ

DSC_2829

↓ やんちゃな可愛いお顔のハチワレ鼻黒

DSC_2859

↓ マジックで書いたみたいな鼻の黒い点がチャームポイントのキジ白

DSC_2860

↓ 賢そうで綺麗な顔のハチワレ

DSC_2879

↓ 優しいお顔で守ってあげたくなるような茶トラ

DSC_2920

↓ 癒し顔のキジ白 応募では一番人気でした

DSC_2869

1匹か2匹は里親みつからないだろうとふんでいて、残った子を我が家で飼おうと思っていたのにフタをあけたら全員が里親にもらわれていくことになったのは実はかなりショックだったりして(落込)。

6匹仔ニャンズ  新しいお家でどうか幸せになっておくれ〜(涙)

 

 

いつか叶う

小学生くらいの頃、サクランボが大好きで、でも高価な果物でちょこっとしか食べられないから(それは今も同じですが)、いつかお腹いっ〜ぱいサクランボを食べたいなと”淡く”願っていたことがあります。

その淡い願いは今の場所に越してきてから叶いました。

強く願ったわけでなく”淡く”願ったから、叶うのに時間がかかったのかもしれません(汗)。

ご近所さんの家にサクランボの樹がありまして、いつも実のなる今の時期に、「サクランボ取りにおいでよ〜」と声をかけていただけるのです。

サクランボは短期間で真っ赤に熟すのですが、あっと言う間にヒヨドリ達が来て食べ尽くすので、サクランボを食べたい場合は、声をかけてもらったらすぐに行かねばなりません(大汗)。

↓ サクランボは枝からはずすのが大変、だから枝ごと切り落として持ってきて、その後軸だけにします。とれたては、つやっつや(輝)です。

DSC_2945

枝を切ってる間も、手当たり次第にその辺の枝についてるサクランボをむさぼり食べます。

このサクランボは小粒のタイプなので、幾らでもお腹に入ります。上品で爽やかな甘さがたまりません。あ〜子供の頃の夢、かなってるな〜(しかもヨソ様の家の実りで!)。

 

↓ 子猫6匹のママ猫もお外に様子をみにやってきました。初めてみるサクランボをちょいちょいと前足で転がしてました。

IMG_20170517_102851

そのうち自分の家でも食べられるよう、我が家の裏庭(畑)にもサクランボを植えました。

いつか叶えたいと思ってることは、いつか叶うものだと毎回思います。

さあ、次に叶えたいことは何かな〜♪

 

 

仔ニャンズ 3週間目

仔ニャンズ6匹、先日二度目のお引越しとなりました。

縁側から、私が予想して仕込んでおいた押し入れの段ボール箱に移動してました。

DSC_2795

↑ 母猫が外にでたスキに押し入れをのぞく私(楽しみ〜)。
仔猫達、耳がピンと立って、すっかり猫らしくなってきました。
小さなお目々がキラキラしております。

DSC_2812

↑ 別の日です。いつみても6匹で団子状態で寝てます。

仔猫が6匹生まれた〜と人に話すと、どんだけ家の中が騒がしくなってるの!?と想像されるのですが、仔猫達はずーっと同じ段ボール箱の中で寝てるだけで、活動としては母猫のおっぱいを飲むだけ。

だから、今まで私の生活に全く変化はなし、です。

えさ(母乳)もトイレも母猫が全て世話してます。

でも今週から生後3週目を超えるので、そろそろ活動が始まりそうです。

2匹の仔猫(恐らく6匹のうちの長男長女?)が、箱から少しだけ外にヨチヨチ歩いて出るようになってきました。

ずっと、この大きさのままなら6匹まるごと家で飼えるんだけどな….(ため息)。

ということで、仔猫達の里親募集しています。

御希望の方はメールください。お待ちしています〜

customerarnica@gmail.com

 

 

 

 

 

仔ニャンズ 生後2週間目

2週間目になる仔猫6匹。

先週まではひたすらおっぱいを飲むだけだったけど、今週になるとまとめておっぱいを飲んでその後寝てるだけの時間も増えてきました。

DSC_2687

DSC_2725

目があいてきて、それぞれのお顔の特徴もでてきました。

DSC_2694

↑ クロシロのはちわれが二匹いますが、
一匹は片方のひげのところに黒い点あり。
なんだかやんちゃそう。

となりの茶トラはとってもおとなしそうな感じ

DSC_2709

↑ 寝過ぎか?! あくびしてました、ふにゃ〜

DSC_2718

↑ 茶色がかったキジシロは、丸いけど優しい顔をしています。

 

仔猫をもらってくださる方、ご連絡お待ちしています〜

customerarnica@gmail.com まで

生後1週間の仔猫たち

生まれて1週間目を迎えた6匹の仔猫たち。

ここ数日で小さな目を開けはじめました。

母猫が戻るとみゅ〜みゅ〜鳴きます。

生まれたばかりって、猫の特徴である耳がとっても小ちゃいんですね↓

DSC_2675.JPG

母猫の後ろ足の下にもぐりこんでます。母親と柄が同じな仔猫、顔ちっちゃ〜

DSC_2630

6匹もいるのでいつも団子状態に固まっています 。どれが誰の頭でどれが誰の脚かわからん〜↓

DSC_2626

生後1週間目の朝、起きがけに息子が何度も私を呼ぶので、見にいったら、

母猫が一匹づつ仔猫をくわえて、せっせと息子のふとんの中に運んでいました。

なんで〜!?  仔猫をみせたいのか、それとも本能から巣の移動をしたかったのか!?

(産箱は、息子の部屋横の縁側に置いてある)

息子のふとんの中でだんご状態の仔猫たち ↓

DSC_2651

その後完全に母猫と仔猫6匹に占拠されました(汗)↓ どうすんだ〜

DSC_2657

このままというわけでにもいかないので、しばらくして、母猫がお散歩にでかけた間に仔猫達は、箱に戻させてもらいました。

生後すぐの仔猫に人間の匂いをつけてしまうと、母猫が育児放棄したりすることもあるそうなので、すでに匂いがついてる息子に仔猫を運んでもらいました。

多分、今後も何度か引越するんでしょうけど、先住猫のテリトリーもあるし、もうそんなに我が家に場所ないんですけどね(汗)。

仔猫が欲しい方、ご連絡お待ちしています!

customerarnica@gmail.com までお願いします。

トイレにいけるようになり、離乳しばじめる生後1ヶ月くらいにお譲りすることができます。