怒りと恨み

一昨日、バッチフラワー講座をしたときに頂いた質問と、ある方からいただいたメールの内容が似通っていてシンクロしたので、

これはフォーカスしたいなと思い、記事にします。

バッチフラワーエッセンスの

Holly ホリー は、怒りや嫉妬に使うエッセンス

Willowウィローは、被害者意識の怒りや恨みに使うエッセンス です。

講座で出たご質問は、「怒り」に使うとき、どちらのエッセンスか?ということでした。

「怒り」 と 「恨み」/「被害者意識の怒り」 をどう区別するかってことになると思います。

数式のように書くならば:

怒り = オンリー怒りだけの状態 (怒りという感情が単に起こっただけ)。

被害者意識の怒りや恨み = 怒り + 自分のジャッジ がくっついた状態

です。

具体例で書くと(頂いたメール内容の一部を拝借します)、

子供がおもちゃ売り場でミニカーを欲しいと泣いてせがむ

 →  買いたくないのに買ってしまったことでイライラして怒る

ここまでなら、「オンリー怒りだけの状態」です。

起こった出来事に、感情的に反応しただけです。

でも、その後に、

→ この子がしつこく泣いて聞き分けがないせいだ

というようなことを付け加えるのが、

「怒り + 自分のジャッジ がくっついた状態」です。

プラスでくっついてくるジャッジが、

この子のせいだと思うと、恨みになっていくし、

この子にいつもこんな感じで苦しめられてると思うなら、

それは被害者意識の怒りになっていくのです。

怒り は自動的に起こるものなので、そこだけで終わっていたら、それはすぐに流れます。

でもそこに自分のジャッジをつけ加えるので、恨みや被害者意識になって、エネルギーにブロックが起きるのです。

上記のバッチフラワーの解説に戻ると、

ホリー というのは怒りを出してるだけなので、メンタルの状態でいうとまだ健全で(とはいえ怒りを持つのは何かのせいにしてるから、ですが、ここではまだ固定化されてない)

ウィローの方は、怒ったあとに相手のせいだと思ったり、相手のせいで私は辛い目に遭うというジャッジを下し続けた結果、ブロックを作ってしまってる少し深い状態と言えます。

以上、怒りの例であげましたが、これはどんな感情においても同じです。

悲しみという感情でも、例えば

愛していたペットが亡くなってしまって悲しい というのは、

悲しみがただ起きた状態。

でもそこに、

私があのとき病院に連れていってあげてたら とか

私がもっと健康的な食べ物をあげていたら みたいに後悔のジャッジを付け加えると

それは罪悪感や自責の念などに変わり、エネルギーブロックを起こします。

また人によっては、このようなペットの死を過去の出来事とヒモづけて

私が何かを愛すると、それはいつも手からすり抜けていく

みたいな信念体系を作り出す人もいます。

このような信念体系は、日々起こる出来事の定義づけのもとになっていくので、そこでできていくブロックも半端ありません(汗)。

と書いてきましたが、上記のような感情に自分のジャッジをプラスしない人の方が実際には少なくて、

ほとんどの人はいつもジャッジをつけて、感情を長引かせてしまうのです。

ということで、今後、感情が起きたら、自分のジャッジをプラスして感情を保存しようとしていないか観察してみるのはどうでしょう(笑)。

あ、やっぱり、この記事の内容は大事だったな〜 →  ジャッジ?!(笑)

質問してくださった方、メールくださった方、ありがとうございました(礼)。

↑  涼しくなってきたせいか、スコッチはカゴネコ?になってます。このまま、持ち運びたくなる。

ーーーーーーーーーーーー

感情にジャッジを加えるのがやめられない方、ジャッジによる強固な信念体系を作り出してしまった方、レメディを使ってそのブロックを外すお手伝いをします。

詳しくはHPの方へ:https://arnicahomeo.com/

なんでも導きのサイン

今朝6時前、息子をバス停まで送っていく途中で信号待ちになり、

フロントガラス越しに流れていく雲をみていたら、浮かんできたのが:

インスタ始めよう

でした。

きっかけは、数日前にお会いしたころあい自然楽校の佑里子さんに、

「Blogは、私を知ってる 人が読みにくるもの、

もっと多くの人に知ってもらうには インスタとか がいいですよ」

みたいなことを教えてもらったから。

ころあいさんは、インスタを始めてから、問合せの数が目に見えて増えたそうです。

このときは、へ〜そうか〜、そうだよね、と思っていただけです。

なぜなら、まだこの時点で「自分の思い込み」の方が、

「導きのサイン」よりも強かったので。

私は、Facebook や Twitter や Instagramなどは、

不特定多数に向けて情報発信したい人や、

キラキラした生活をしてる人が活用するSNS

だという思い込みを持っていたのです(汗)。

わたしは個人的にひっそり(?)してたいタイプで、

生活も、ものすごーく地味なんで(苦笑)、

SNS始めても、自然 か 猫 しかあげるもんがない、つまりキラキラした生活も情報もないから、そういうものと自分は関係ないと思い込んでいました。

この化石のような古い思い込みは、いつからもってたんだろう〜って苦笑しながら考えたら、

Facebookが普及しはじめたときのイメージかもと思いました。

当時は、どこそこでランチしたとか、

こんな素敵なもの購入しましたとか、こんなに友人たちと楽しんでますよ、

みたいな投稿しかみたことなくて、

うわ〜自分とは無縁の世界だっ!て思ったの覚えてます(汗)。

一応、わたしも個人事業しているので、Facebookを活用しようかと考えてアカウントをとってはみたものの、

仕事でお会いするクライアントさんとVサインした写真は撮るような業種じゃないし(苦笑)、
そもそもわたしのプライベート生活には華(ハナ)がない……と再確認し、

SNSとわたしはそぐわない、という「思い込みをつくった」のでした。

しかし、今朝、あの瞬間、あ〜佑里子さんから告げられた言葉は、まさにサインなんだ!、と気づいて、

即実行することにしました。

「ふっとやってきて、あなたの気をひくものはサインですから受け止めましょう」なんて人様に言ってるわりには、自分にブロックかかってた(笑)!

猫、山、空しか、うつってない地味なインスタも、全然アリだし!

そんなんで、思い込みがカチッと外れました。

折しも、わたしはこれから、新しい活動をしようと考えているところなので(そのうちお知らせします)、

まさにこれは絶好のタイミングでした。

↑ こうやって文章にしてみたら、とても小さな、しかし相当にくだらない思い込みでしたね〜

でも、誰しもこんなの持ってるんじゃないでしょうかね。

私にはそれムリ  とか

ガラじゃないとか

なんとなく手をださないでおこう とか

それら 1回点検してみたら いいかもです。

てなわけで、ジミーなインスタ開設してみました:https://www.instagram.com/arnica.pe/?hl=ja

これから、いろんなインスタみにいってフォローしていこっと♡ワクワク♡

沖縄じゃないです苦笑、山陰海岸ジオパークの一部。
やっぱ、海はいい!

ホメオパシー療法を受けると何が起こるか?

ホメオパシー療法を受けると、どんなことが起こるの?

について書いてみたいと思います。

以下、クラシカルホメオパシー処方の場合を前提にしてのお話です。 また例外というのは必ず存在しますし、個人差も当然あるので、書いていることが全ての人に起きるとも限りません。 どんなことが起きるのかを知りたいかたが多いようなので、一般的な話として書いてみます。

ホメオパスにかかり、選択されたレメディへの反応があれば、なんとかしたいと思っている身体症状に動きがでます。
1回目のレメディでかなり改善する場合もありますが、数度(もしくは数種類)レメディを試していくことで徐々に改善していき、1ヶ月〜数ヶ月後に振り返ってみてみると、あれ、そういえばそんな症状あったな、というレベルまで回復するような感じの効き方が多いです。

例えば私の経験でいうと、頭痛だったら、レメディで少しづつ痛みや出現頻度が軽減していき、数ヶ月したらもう全く頭痛はでなくなっていった、みたいな感じになります。1年も経ってメモ代わりにつけてた日記を見返したら「ああ、そういえば、私の頭痛ひどかったな〜」なんてくらいの過去のものとなります。

どかーんとレメディ一服で改善ということも起こりえますが、症状には振り子のように揺り戻しというのがありますので、一服で大きな変化があった場合は、またしばらくして調子が悪い状況になったときに頭痛が再度現れて(以前よりも少し軽くなっているけど)、そこでまたレメディを1服とって、というようなことを数度繰り返す必要があります。(揺り戻しということを理解していると再発したときに、冷静でいられます)

アトピーや、花粉症といった長年患っているような症状の場合は、症状が軽減するまでに長い期間がかかることが多いです。

レメディ一服でどーんと効果をあげたい方もいると思うのですが、そういうときは反動で揺り戻しも大きく、実際問題として日常生活にかなりの支障をきたすので、徐々に徐々に症状を軽減していくことが望ましいです。症状を小出しにしながら(もしくは出さないように)軽減していくので、安全で確実だと思いますが、その分時間はかかります。

私は一服のレメディでどっかーんと衝撃が欲しかったタイプなんですが(いわゆる死ぬならぽっくり死にたいタイプ?!)、実際それが起きたら正直耐えられませんでした。ですので、その後は徐々に回復がベストだと身体を使って学びました(反省)。

そして身体症状はほとんどの場合、精神症状との組み合わせで起こっていることが多いので、上記のような感じで身体症状を改善していく過程では、精神症状にも自然と向き合うことになります。 向き合うというのはどういうことかというと、わかりやすい言葉でいうと「気づき」があります。

いつも無意識に行っていた思考過程や感情の動きにふと気がつきはじめるのです。
「あれ、私、こんな風に考えていたんだ」「あ、いつもは怒っているのに今日はイライラしなかった」とか「過去のあの出来事を突然思い出して憤った」とか「目が覚めたら、あの出来事を思い出していつのまにか泣いていた」、「いつもは何も言わないのに昨日は主人に向って叫び、ものを投げた」など人によって様々なパターンでの気づきがあります。

そして滞っていた精神面がスムーズに流れるようになり、より精神的に生きやすく(=自分らしく)なっていくのと平行して、身体症状も軽減していきます、別の言い方をすると、心身ともに全体的にその人らしく健康になっていく、これがホメオパシー療法で起こることだと思います。

violet_m

身体症状はほぼなくて、精神面だけの問題を抱えていらっしゃる方の場合は、もう少しダイナミックな経験になるかと思います。 身体症状がないので日常生活に支障をきたす揺り戻しをそこまで心配しなくてもよいので、もう少し強く刺激することができるからです。 (重度な精神疾患の場合は異なります)

という感じで、ホメオパシー療法を受けると、ゆっくりですが着実に心身が整っていきます(全てのケースではないけれど)。

オススメは療法を受ける前に、簡単な心身の症状を記録しておくことです。そして療法を受けて1年などある程度の期間を経てから、その記録を見直す。振り返るとかなりの変化が起こっていることに気がつきます。しかしあまりにも自然に起こるので振り返らないと気がつかない、そんなことも多いです。特に精神面では自分がどれだけ成長したかわかります。

ただ、そうはいっても人間が解脱するわけでもないので(苦笑)、
その後も必要な学びは人生において常にやってきますが(汗)。

すみれ2

時間をかけて心身全体を整えると聞くと、かなり悠長な療法のようにも思えるかもしれませんが、長〜い何十年の人生です。 そのうちの数ヶ月〜数年を使って、本当に自分らしく生きられるようになるなら、とても短い期間だと私は思うのですが。

最後に費用面について、も書いておきます。(以下、私のやり方ですので他のホメオパスの方とは異なります)
初回のコンサルテーションの後は、フォローアップ(2回目以降のコンサルテーションのこと)に毎月通わないとならないなら、トータルで相当高額になるんじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

初回のコンサルテーションの後は、レメディの反応をみて方向性が確定してくるまで、続く2、3回はフォローアップは1ヶ月おきが理想ですが、その後徐々に調子を整えていく間は、コンサルテーションの期間は数ヶ月あいたりします。その間はメールでのやりとりが続くことがほとんどで費用も発生しないことが多いです。

というわけで、ホメオパシー療法にかかってみてもよいかな、と思われた方はHPの方も読んでみてください: https://arnicahomeo.wordpress.com