治る、について

ホメオパシー療法を人様に使いだした頃、人様が話す過去のストーリーや抽象的な感覚を統合してレメディの「像」に帰納していくのが非常に難しい、しかし際限なしの面白いゲームのようだと思いました。

「像」から選んだレメディという物質を使うと、実際に心身が動くのも確認できるので、それにとてつもなくワクワクしてました。

だから、そもそもの私の仕事の動機は、面白くてワクワクした、からです。

それが段々、経験を経てくると、病というのは究極を言えば、その人自身が創り出してるというのがみえてきました。

いつも挙げるわかりやすい例でいうと、

突発性難聴 

にかかった方々の話を聞くと、この症状を発症させる前に、

あーもうそう言う話は聞きたくない! とか

もうそういうことを聞くのは勘弁して〜!

などというようなことを心で叫んでいた時期がみられるのです。

そして、その心の叫び声を体がちゃんと聞き届けてあげて、

そうか、じゃ、聞こえないようにしましょうね(汗)

と動いてくれている、これが診断名でいうと突発性難聴ということになるのです。

ですので、この現象をステロイド注入によって取り除こうとしても(その時、上記の心の声がすでにおさまっていれば別ですが)、同じような心の声を叫び続けてる限り、根本的に治せない(再発する)、ということが言えます。

お子さんのアトピーの例でいうならば、発症してる子には大概、兄弟姉妹がいて(一人っ子ではない)、

自分とは別の子に親の注意や注目が集まってるときに、アトピーという病を発症してることが多いです(違う発症理由のケースもありますが、ここでは触れません)。

その場合の子供の心の叫びは、

私(僕)の方をもっと見て! とか

私のケアもして!

です。

それに体が反応してくれて、

じゃ、もっと注目してケアしてもらえるようにしましょうね、と

それにぴったりの肌の症状をだしてくれてるのです。

*それぞれの病が心のどんな叫びの現れなのかを知りたい人は、心身医学というジャンルがあり本が何冊もでています。

ということで、不調を治せるのは、その心の叫びを起こしてる自分自身という言い方ができます。

これは心の問題も同様です。

根本的に治す = 自分の考え方や意識、認識を変える ということになると思います。

それをお手伝いするのが、私の使ってる方法だと、

レメディだったり(自分の治癒力で治す)、

カウンセリング(自分の気づきで治す)です。

究極には(いわゆる覚醒したら)、そういう外部からの手助けも必要なく、自分で自分を観察して起こった症状をただのエネルギーとして流せていけば治せるようなのですが、そこまでたどり着けてないときは、この世で差し出されている上記のような治すツールを使えばよいと思います。

そんなわけで、私の仕事の動機は、

レメディを探すワクワク面白いゲーム

治る、治せるのは、自分である、といかにご本人に気づいてもらうか
というワクワク戦略に移行しております。

この「自分で自分を治せる」を癒し系の言葉でいうならば、

どんな人であろうと神の癒しを受けられる

と言い換えられると思います。

なぜなら、あなた自身が神の現れであるからです。
(怪しい終わり方になってしまいました、汗)。

*自分で治せるの例外として、生前にレッスンのために生まれつきの病(治せない)を選んできてるケースもあるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分で自分を病気にしてる!?そんなアホな?!

と思っても、なんとなくそのことが心に引っかかる方、自分を自分で癒す旅にでてみませんか(なんかのキャッチコピーのようですが、汗)。

旅のお供させていただきます。ご興味を持った方、詳しくはHPの方へどうぞ:https://arnicahomeo.com/

↓ 時々行くカフェのお庭。こんなに綺麗にお花を育てられるってすごい〜(憧)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中