自然の中の「流れ」

私は築80年を超える古い家に住んでいて、暖房は薪ストーブです。

暖房の理想は、私にとってガスの床暖房なんですが(電気でなく)、住んでいる地域はプロパンガス。プロパンガス代金というのはうわさ以上に高かったので!それを床暖房に使うなどという勇気はなく、古い家という条件で、田舎生活も楽しめる暖房として薪ストーブを選んだのでした。

住むにつれ、薪で火をつけることにも相当慣れてきました。火をつけるには、火付け役となる材料(杉の葉や紙)も必要なんですが、非常に大事なのが薪自体の組み方。空気がよく抜けるように組み上げて、火の通り道がつくることが重要なのです。

minou暖炉

↑ 火の様子を写真に撮るの難し〜、ってか、これ猫が完全にメインの写真(苦笑)

この空気が抜ける部分を上手に作れていると、1回マッチを擦っただけで、ごおーっと勢いよく火がまわり、薪が燃え上がります。

ごおーっと音がして火がまわるその勢いをみていると、自然治癒力の流れのことをいつも思います。

自然治癒力というのは、自分で自分を治す力のことですが、それはエネルギーの流れでもあります。ホメオパシー療法では Vital force と言ったりしますが、この自然治癒力が綺麗に流れていないと、心であれ身体であれ不調の状態になります。

土から寄生虫病の特効薬となる微生物を発見しノーベル賞を受賞した大村教授が、我々の持つ問題の答えはいつも自然の中にある、というようなことをおっしゃってましたが、同じような言葉を芸術家や知識人達が残しているので、まさにそうなんだろうと思います。

薪ストーブの火をみながら、火の流れは自然治癒力=人間のエネルギーの流れをみせてくれていると私は感じます。火も抜け道があると燃え上がるように、人のエネルギーもつまりなく流れれば、不調が解消され思いきり、その人らしいエネルギーで生きることができます。

なにがエネルギーの流れをつまらせているかというと、人により様々ですが、薬などで抑圧された症状だったり、事故でのケガだったり、精神的なショックや、過去に作られた思い込みの感覚や思考パターンだったりします(正確にいうと流れがつまっているだけでなく、波動自体が本来のものとは違うものになっているのですが)

そのようなつまりを外すことができたら、火のようにごおーっと勢いよく、その方のエネルギーは流れ、今よりもっと自分らしく、元気に生きることができるようになります。

自分のエネルギーの流れ、つまってませんか?

エネルギーはみえないものだけど、つまっている人は実は自分でわかっているのだと思います。いろんな病いや不調に妨げられてる毎日だったり、心の方もなんだか縮こまって生きている気がするとか、自分の能力をフルに使ったことがないとか、そんなことを感じてるはず。本来はもっと自分のエネルギーって勢いのあるものだとは思いませんか?

エネルギーがつまっている感じがする方、ホメオパシー療法ではそのつまりをレメディというものを使って取ろうとします。詳しいことを知りたい方はHPの方へどうぞ:

https://arnicahomeo.wordpress.com

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中