愛する者に厳しすぎる

タイトルの言葉は、先日自宅で観たDVD映画の中の台詞でした。
(”Love and other impossible poursuit” 邦題”水曜日のエミリア” 日本公開は2011年)

アメリカ映画なんですが、台詞の英語を頑張って聞き取ってみると
It’s the people who you love you’re hardest on. のようでした。
直訳すると、あなたが一番きつくあたるのは、あなたが愛している人々ですね、
になるでしょうか。

映画のあらすじを簡単にいうと、ナタリーポートマン演じる新米弁護士が、
働きだした事務所で出会った既婚で息子がいる上司と恋愛関係になり、
彼の子供を妊娠したのがきっかけで、既婚だった上司が離婚を選び、
そして彼女が彼の新しい妻になります。

が、彼女と彼との子供は生後3日でSIDS(乳幼児突然死症候群)で亡くなってしまい、
それから彼女がもがいていくという話です。

タイトルの台詞は、彼女が赤ちゃんの死以降にうまくいかなくなった彼(上司)との家族関係をやりなおそうと話し合いをしているときに、彼から言われる言葉です。

この台詞のあとに彼はもう彼女との関係をつづけることは無理だと言い渡します。

私はアメリカ映画というのは全般的にあんまり好きではなくて、それは心理描写が嘘くさいというか全然心に響かないからなんですが、軽い気持ちでみたこの映画は意外に真にせまったものがありました。

Tsuta

ナタリーポートマン演じるヒロインは、自分の心の痛みだけにフォーカスして生きてます。遡れば、その心の痛みは父親が母を裏切って別の女性にお金を貢いでいて、両親が離婚したことからきています。

そして今度は自分の第一子が生後3日で亡くなってしまったこと。自分だけが不幸でつらい、という思いで生きています。

彼女の親友も少し前に流産したんですが、その友人が赤ちゃんをなくした彼女をなぐさめようとしても、流産と生後に死ぬのはわけが違う、一緒にしないで、というようなことを言ってしまう。

また可愛い赤ちゃんを失くした悲しみは、旦那さんだって同じはずなのに、自分だけが一番つらいと思っている、まあ、つまり自己中心的な感情の中で日々生きてるわけです。

でも彼女の心理状態というのは、よくあるものだと思います。なにかで悩んで苦しんでいる人というのは大概こういう思考です。

私もこの状態に陥っていた時期があり、そのときはこういう思考でしたし、今でもこういう思考になりそうなときはあります。

自分だけがひどい目にあっていると思い込んでいるから、つらくなる。

自分だけが苦しいと思っているから、それが悩みになる。

もし、楽しそうにしている周りの人々も深刻に悩んでいることがあると知ったら、かなり気が楽になるのでは。自分が苦しんでいる悩みの原因になっている身内や友人の一人一人も実はみえないところで苦しんでいたり、もしくはあなたの悩みに共感してくれている、という現実に気がついたら、今かかえている悩みは違ったふうにみえてくるかもしれません。

つらさの度合いを他人と比較するということではなくて、
自分だけの主観的な視点を離れて、
自分の悩みを俯瞰してみるってことが、悩みを軽くするコツかもしれないです。

自分の悩みは思ったよりも軽いものかも、と思えたら、
それはなんとかできるかも、に続き、
そしてなんとかしようとするものでしょう。

愛する者に厳しくしてしまうのが、
苦しみを持った自分を受け入れて欲しいからだとしたら、
悩み、苦しんでいるであろう周囲の人を自分も受け入れる、
という意識をもつといいのかもしれません。

マザー •  テレサの言葉から

If you judge people, you have no time to love them.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の愛する人々とうまくいかなくて、つらい方。ホメオパシー療法が助けになるかもしれません。

ご興味のある方はHPの方へ→ https://arnicahomeo.wordpress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中