他人のことはよく見える

セラピストというような類いの仕事をしていますと(私の場合はホメオパシー療法家)、それなりに精神や身体の問題をみてきますし、ひとさまの問題に対して少しばかり達観できるようになります。達観というのは、客観視しすることで、それができないと仕事にならないからです。ホメオパシー療法の場合は、客観視できないとレメディをみつけることが難しくなります。

と、いっても、心&体の問題を、いざ自分のことに置き換えたときに、セラピスト達がちゃんとできているのかといったら、正直それはできていないのではと思います、私の場合ですが(汗)。

だからBlogなんかでわかったようなことを書いたりしていても、自分がそれを遂行できているかと尋ねられたら、そうじゃないことが多々あります(謝)。

自分のことというのは、それくらいみえないもので、簡単には客観視できないのだと私は思ってます。
別の言い方をすると、他人様のことはよくみえる、ものなんだと思います。

つまり自分のことを自分でなんとかするというのは至難の業で、そこは誰かに客観的に自分をみてもらって、なにかしら改善しようとするのが有効だと私は思います。カウンセリングやヒーリング、そしてホメオパシー療法などです(私も自分のかかるホメオパスがいます)。
療法家達は、私のように自分のことは完璧にはできないかもしれないけど、他の人をみることはできるのですから。

他人のふりみてわがふりなおせ、という言葉って、そんなわけで本当にリアルだと思います。

他人をみたときに、客観的にみえてくる嫌なとこ、悪いとこ、それは自分の嫌な部分が拡大&増長されているときが多いです。

で、かわいい猫をそういう視点でみてみました。
紙袋に隠れちゃう猫の真剣さと臆病さ、思いっきり力を抜いたときののんびり具合、そして自分勝手な気まぐれさが私は好きなんでしょうね〜(私の中の願望が拡大表現されてる?!)

DSC_1316

 

ホメオパシー療法にご興味のある方はHPの方にもどうぞ:

http://arnicahomeo.wordpress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中