ズッキーニ

フランス語では、ズッキーニのことをクルジェットといいます。

あちらではお値段が比較的手頃な野菜というイメージがあり、日本でいうとキュウリ的な扱いの野菜です。

DSC_0083

南仏では、写真にうつっているお花も、↓ 卵をからめてから焼いて食べたりします。

左がアーティチョークの炒め?もの、右がズッキーニの花です。(義母作)

日本でもオクラの花を食べるから、似た感じなのかも(食べたことないけど)。

アーティーチョーク

お酒のこと

昨日何かがシンクロしたみたいで、ちょっとした出会いがありました。

その出会った女性と話していたら、お酒(特にワイン)が好きで、しかも同時期に痛い目に遭っている….(苦汗)ことが共通していて笑えました。

私の場合を話すと、もともとお酒が好きで、たまにひどい二日酔いになりながらも、頻繁にお酒を飲んで生きてきたのですが、去年の暮れにかつてない酒量を飲む機会があり(注がれるがままに飲んだ)、その翌日に丸一日立ち上がれないというひどい経験をしました。

あの時の身体的なつらさと言ったら、思い出すのも怖いくらい。そしてあれは間違いなく急性アルコール中毒と呼べる状態でした。もう少し度が過ぎていれば死んでいたかも、と想像したんですが、お酒で死ぬ人生は絶対いやです。それから自分なりに調べて、私はほぼアルコール中毒になっていたと自覚しました。アル中というと、いっつも飲んだくれているイメージですが、別の言葉でいうと、「自分の体に合う酒量がわかっていない人」のこと、なんです。

時々ひどい二日酔いを経験しながらも、そこまでの量を飲んでしまっていた自分は、アル中だったわけです(怖)それが自覚できてから、私の酒量はぐん、と減りました。飲まない日が続くこともあります。

彼女の場合は、ちゃんと医療機関で肝臓などの検査を受けたそうですが、私とほぼ同じような経験をして、やはり現在では酒量はかなり減っているそうです。

私の話に戻ると、そうはいってもお酒の味自体が好きで、特に食事の時に飲むのが好きなので、量は減ったけど、お酒は今でも楽しく飲んでいます。

DSC_2243

アルコールに中毒の場合や、他のもの、例えば甘いもの中毒、なにかの物に病み付きになっている場合、ホメオパシー療法を受けたほうがいいのか?

(っていうか、私、ホメオパス自体が中毒だったんですけど…笑)

自分で中毒だな、とうすうす感じているけどやめられない場合は、精神的な何かと結びついているので、受けていただいたら、改善するのではと思います。
あと、その病みつき度合いによって体の調子自体が悪い場合や、日常生活に支障があるとき、他の誰かに迷惑をかけている場合も同様です。

療法が必要ないのは、自分の中にそれに対して矛盾や苦しみがないときです。

矛盾や苦しみがないってことは、自分の心とうまくバランスがとれているので、恐らく自分の体や生活に適量でそして適当にはまっているってことなんだと思います。

 

ということで、何かにはまり過ぎて苦しみを感じている方、ホメオパシーという療法ありますよ。よかったらHPまでどうぞ:

http://arnicahomeo.wordpress.com

 

 

 

 

 

お盆過ぎの猫

お盆が過ぎ、8月下旬になると、この地域ではぐっと秋が近づいた感じがします(どこでもそうかもしれないのですが、東京にいた頃は秋と感じるのはやっと9月が終わるころだった….汗)。

暑さの具合から太陽が低くなったことも感じるし、風にも秋らしい爽やかさがあり、外で鳴く虫にもちらほら秋の音を出しているものがいます。

猫もそんなんで涼しく寝ています zzz…..

DSC_1126

ゴーロゴロ、ゴロゴロ (喉を鳴らす音)

DSC_1144

火の用心

ご近所の古い家を改装していたので見にいったら、こんな札が昔の台所に貼付けてあり、捨てられるところだったので、頂いてきました。

DSC_1135

古い札のほうは、愛宕神社で出されているお札の火廼要慎(ひのようじん)と同様の旧漢字なのか??調べたけどわかりませんでした。単なる当て字?

このような札を貼っても、いつのまにかなじんで、火に注意などしなさそうな気もするのは現代人だけなのか….

 

緑と白

家から車で15分くらいの地元の方が作った野菜を売っている店では、お花も売っています。

とにかく安い、お花数本で100円とか200円とか(嬉)、一番最初にみたときは、驚きで値札数回見直したくらいです(老眼?)。しかも、野菜と一緒で新鮮だし、結構珍しいお花とか、野趣あふれる山から摘まれたようなお花までおいてあります。

先日も、こんなお花をみつけました。これが2本入って180円でした。

DSC_0402

花びらは清らかな白、順番に下から咲いていきます。いいな〜、と思ったのが、めしべの子房、いわゆるお花のど真ん中がきれいな緑色なんです。

花びらが白、それ以外は緑系統の色で構成されているので、緑色のガラス瓶にさすと、全体が緑のグラデーションになり、不思議な存在感です。

このお花の名前は、オーニソガラムのソンデルシーというそうです(検索してやっとみつけた)。

ネギとかニラの種類だと思ったのだけど、ユリ科でした。球根で、丈は1m超えたりするそうです。

8月の猫

今年の夏は蒸し暑いし、晴れの日が少ないです。

今後、気候の変化で東南アジアなみに「雨期」という表現があうようになっていくのでは、という方もいます…(汗)

猫も日干ししていたカゴにはいりこみ涼んでいます(ひそんでいます?!)。

このまま、ふたをしてプレゼントにしたいような感じ。

DSC_0342

 

DSC_0346

 

↓家族が旅行中に乗り継ぎで立ち寄ったアムステルダムでみかけた野良猫

我が家のご近所さんの猫とそっくり(笑)

DSC_0242

 

こんな街角をうろうろしてる猫たち。水に囲まれてるから涼しいのか?

 

DSC_0237