猫の付き添い

私が玄関から外にでると猫が付き添ってきてくれます。

洗濯物を干していると、ちょっとだけ足元にすりすり。あとはその辺をプラプラしています。

私がイスに腰掛けると、テーブルに乗っかってきます(汗)

DSC_1401

静かです、ただひっそりと静かに付き添ってくれます。

家の中も、いつもじゃないけど、私がいる部屋にわざわざ来て、近くにごろっと横になります。

なんだろう、じーんと来ます。この付き添い方。付き添うっていうと「付く」(ひっつく)ので、正確に言うと、”傍らに” 付き添ってくれてる、です。

寄り添うも同義ですが、「寄る」から、よりかかるというニュアンスが含まれるらしいです。これらの言葉、介護とか心理関係とか最近ではマーケティングなんかでも使われているようです。

よく言葉の意味を考えると、なんだか微妙ですが、ホメオパシー療法のときも、猫のようなこんな感じで、療法を受ける方の傍らに付き添えたら、と思う私です。

 

 

そしてまた新鮮なお野菜をいただきました。とうがらしのようなピーマン、初夏の匂いがします。

DSC_2429

 

ホメオパシー療法にご興味のある方は、こちらのHPにもどうぞ:

http://arnicahomeo.wordpress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中